【転職の悩み】あなたに伝えたいこと、転職の先の人生

f:id:life-sketching:20180902172058j:plain

2018年も後半に向かって始動開始ですね。

9月は転職市場も動く月と言われていますので、

今日は、転職とその捉え方について書いて

みようと思います。

 

お盆休みを終えたころ、結婚を控えた

元職場の同僚20代後半のA香さんから

転職の悩み相談。

 

ブラック企業から脱出したくて、転職を考えて

いるけど、自分にあった条件の職場が

見つからない。


どうしても結婚までに決めたいって

ことなんです。

 

分かりますって、経験ありますから。

いついつまでに転職完了したい!とか、

○○くらいの収入が欲しい!とか。

 

とにかく早く転職すれば・・・っていう

ところにいく前に、ちゃんと考えておく

ことがあるんです。

 

そこを押さえておくだけで、後の行動が

随分変わってきます。これ、私の失敗

経験からです。

 

 

 

 

転職の決断 その転職はキャリアにつながりますか

 

勤めている仕事を辞めるという決断は簡単では

ありませんよね。

 

未知数で見えない先、仕事が上手く見つかるのか、

新しい職場で馴染めるのかって考えるだけで、

前に進むべきか、留まるべきかさえも

見えなくなって煮詰まっちゃいます。

 

だから、転職する目的自体を「あなた」を

中心に考えてみる方がよほど健全。

 

嫌だから・・・というはじまりであっても、

次のステップはちゃんと”なりたい自分”を

思い描いておく。

 

その転職、それはあなたのキャリアになるか?

という点にスポットライト当ててみるって話です。


私は現在40代後半のおばさんです。

 

恥ずかしいお話ですが、バブル時代も

経験しましたし、時代背景もあって

転職の回数は5回あります。

 

 

当時は転職というと、印象的にかなりの

ダメージで、経験を積むとか、積極的だ

なんて理解は皆無で、酷いことを面接で

何度も言われた経験があります。

 

周りからの批判や面接でも嫌な質問、

色々とありましたが、乗り切りました。

 

転職しての後悔?ありません!

 

一つの企業でギュウギュウ言いながらより、

転職ごとに自分の足元が見えたし、

何が不足していて何をプラスするべきかを

知ることができたから。

 

 

転職活動を始めると、想像以上に時間も

かかるし、精神力を問われる。これ本当に。

 

これからの10年、世の中はどんどん

加速していくでしょうし、職という

ことにおいても大きく変化しつつあります。

 

だから転職は「転機」「転換」と

捉えてみるんです。

 

転職のきっかけこそ、本音が眠っている

 

そもそも何故、あなたは転職を真剣に

考えたのか?そこが大きなカギになります。

 

今ある何かを改善、いやそこから脱出したくて

転職を考えている人が圧倒的に多い。


じゃ、何故、転職しようと考えはじめたのか。

どうしてその企業じゃないといけないのか、

どうしてその条件じゃないと働けないのか。

 

例えば、あなたの現職を考えてみます。


不満ややきりれない部分を書き出してみる。

それは人によって5個の人、10個の人、

もっとあるかもしれません。

 

じゃ、その項目数の不満や問題をすべて

クリアした職場があるかどうか・・・

 

ちょっと想像してみてください。

 

そうなんです、そんな職場は夢物語なんです。

そんな好条件の職場があれば、私も見てみたい。

 

ただ、そこから逃げ出したいだけじゃなくて、

きっと今の職場は、あなたが理想・想像して

いたものと違っていたから。

 

あなた自身の本音(理想)を振り返って

みると答えはすぐに見つかるかも。

 

転職成功とはあなたにとって何ですか

 

あなたが転職を考え始めたきっかけから

求める仕事や職場、働き方の姿が見えたら

そこに向かう道を探すことから。

 

あなたにとっての転職成功が

何なのかがクッキリ見えていなくちゃ

始まらない。

 

企業名や条件面とか、周りのモノだけに

注力しちゃうと、その中の何かが

変わる、無くなるだけで、夢も希望も

なくなっちゃいます。自分じゃない

他のモノのために・・・。

 

組織の中で仕事をしていても、

あなたが担当している、やっている

業務自体に何か糸口を見いだせないか。

 

そこに何か学びや得るものがないか。

そんなところを考えてみるんです。

 

ひいては、その学びや得るものが

よりずっと先に活かせないか。

 

そんな視点で転職を考えたり、

転職先を選んでみる。

 

必ずしも、条件や環境が良くなる

保証はもちろんありません。

 

でも、転職を1度してそれで終わり~って

いう人生じゃないから。

 

だからずっと先を見据える力を養って、

転職を人生の転機に変えていく。

 

理想の職場を探すよりも、

あなた自身が作る方が早いかもしれない。

 

転職を成功させるって、希望の条件の

職場に就くだけじゃないってことなんです。


今のあなたが、将来のあたなに敷いて

あげる道すじの話なんです。

 

求人募集の条件だけに注目していて大丈夫ですか

 

5年後、10年後って考えたことありますか?

私は結構考えます。

 

ほんの5年前、今のように副業が堂々と

できるような世の中になるとは思って

いませんでしたし、人工知能がこんなに

早くしかも家庭に入ってくるとも想像も

していなかった。

 

でも、確実に日々の生活は変化し続けていて、

職場にもそれが表れてきた。

○○ができないなら必要ないとか、△△が

できればありがたいとか。

 

だから、今ちゃんと転職市場の変化を見て、

いつでも準備オッケーな人にならなくちゃ。

 

今、目の前にある求人募集をみて、

転職市場でどんな需要があるのか、

どの業界が伸びているのか、その中で

あなたが持っているスキルや経験がどう

活かせそうかを考えてみるとか。

 

そんな視点で転職先を探してみることも

重要になってくるんです。セミナー参加や

自己啓発に熱心だとか、そういう企業を選んで

みることもありです。

 

手当たり次第に、履歴書を作成しては

応募して、面接に呼ばれたら条件面を

確認して・・・そんな転職活動がなくなる

日がくるかもしれない。

 

ある一企業の募集条件だけじゃなくて、

そこからどんな人間が必要とされて

いるかを探っていくくらいの勢いで

調べまくって、利用できるサービスは

利用するんです。

 

働き方改革をあなたの人生に当てはめてみる

 

副業も堂々とできる社会になり始めています。

もう実際に始動している人も多くいる。

 

会社の帰りに自分の小さい趣味ショップを

経営しているとか・・・色々。

 

数年後には「転職」っていう概念すら薄れて

いるかもしれないわけで、

「私、フリーランスなんです」っていう人が

当たり前かもしれない。

 

これからは働き方をあなたが選ぶわけなので、

雇用形態の履歴よりどんなプロジェクトや

仕事に参加してどんな実績があるのかが

ポイントになりそう。

 

ネットを介した繋がりが、実社会にもつながり、

そのコミュニティーが仕事にもつながり、

プロジェクト単位、コミュニティ単位で

人が集まり何かを作っていく。

 

ビジネスを作っていく。

そんな社会になりつつある気がします。

 

そこには、雇用形態などあまり重要でなくて、

むしろ「この人と一緒に働きたい」と

信頼をされる人間であるかどうかが

大きなカギになる。

 

10年近く、これと似たような環境で

仕事をしてきたんですが、まさに

プロジェクトごとに人が集まり、

プロジェクトが完成すれば、サヨナラ!

 

企業内だったけど、プロジェクトごとの

契約になっていて、だから正社員とかっていう

枠の人は一つのプロジェクトに数名のみ。

 

サヨナラしたはずが、またすぐ他の

プロジェクトで一緒にお仕事するって

いう形なんです。

 

仕事に対する姿勢とか能力とかも含めて、

プロジェクトを仕切る人からの信頼関係が

土台になってチーム編成されていく。

 

だから人としてうまくやっていくことも

スキルとして見られることが増えます。

厳しいですが、まずは人ありきってことです。

 

今までの既成概念を変えつつ、社会の波に

うまく乗っていく。あなたの強みは学歴や

経験、技術だけじゃない、ヒューマンスキルも

あるってことを忘れないで。

 

これから先が見えない不安!何が残るの?

 

本当にこれだけ社会の動きが早いと、

乗り遅れないようにする方が難しいですね。

 

主婦の私でもこの”波”は日々目の当たりに

するようになってきています。

 

買い物レジでも人減らし中だし・・・・。

 

そう考えると、人に関わるサービス業

きっとなくならない。

 

人間と同じくらいの”曖昧”な柔らかさを

ロボットが身に付けるには相当の

学習時間が必要なはず。

 

そうです、”曖昧”な部分なんです。


ユーモアや優しさ、1+1=2という機械的に

割り切れない部分、それこそが人間の強み。

 

そういった強みを活かせる仕事を視野に

いれてみるのもいいのでは。


履歴書だけじゃない、あなたのヒューマン

スキルがポイントなんですから。

 

転職は転機でもあります。

数年先だけでなく長い目であなたの

キャリアを考えてみる。

 

重ねた努力を積み上げられる環境を

目指してみるんです。

 

資格もあり、資格を使って何をするのかが重要

 

目指す方向性がある程度見えたら、まず

資格をとろう!と思う人が多い。

 

これは経験からも言える事なんですが、

やっぱり資格+実務経験が必要。

 これはどの業界でも同じといえそうです。

 

資格取得のために学習したことは

あくまでもその業界や仕事で必要

最低限の基本事項。

 

以前勤めていた英語学校でもよくご父兄から

相談を受けていたんですが。

 

英語を話せるようにしたいんです。

 

分かりました。で、英語をどのレベルまで?

 

???海外に出ても大丈夫なくらい。

 

はい、海外留学ですか?それとも就職ですか?

 

いや、まだ分からないですけど・・・

 

海外に出られる予定なんですね。

 

いや、それもまだ分かりませんが。

 

こんなご相談をたくさん受けたことが

あります。

 

でも、結局、世界で活躍する人達って、

英語力を問われているんじゃなくて、

英語はあくまで会話をするための言語で

あって、その先どうしたいのか?が

大切だってことなんです。

 

資格取得は大変だし、その努力が報われて

取得できると嬉しい。

 

その上、就職や転職に役立てば更に最高。

 

わかります。それより、英語を話して

その先、何をするのか?を考えて

計画していないと意味がない。

 

資格は自分の引き出しを増やしておく、

そんな考え方の方がピッタリきます。

 

資格も転職も、目指すのはどういう自分、

将来なのかをプランにいれておかないとね。

 

 

 

まとめ!あなたに伝えたかったこと

 

ちょっとお堅いお話になりました~。


私自身が転職で色々と嫌な思いをして

きたので少しでも迷っている方や悩んでいる方の

気晴らしになればいいなと思っています。

 

★伝えたかったこと!★

 

・転職は仕事を変わって終わりじゃない

・転職よりももっと先を見据えて考えたい

・目指す理想への道すじを考える

・あなたの最大の武器は、あなたであること

・自由は想像以上に責任が伴います

 

フリーランスになることを勧めているわけ

ではなく、組織の中で働いていても、

そこから学ぶことは少なからずある。

 

その知識や経験を肥やしに、自分の頭で考え、

行動できる勇気や力を養う経験をすることで

いつでも準備万端!になれるわけです。

 

自由って思っている以上に責任や向上心が

必要なんですよね・・・・汗

 

 

ではでは!

 

 

 

スポンサー リンク