【The Megザ・モンスター】360度ド迫力のサメ体験!4DXで観てきた!

f:id:life-sketching:20180916064643j:plain

観てきました!2018年一押しのサメ映画。

「The Megザ・モンスター」

しかも4DXで体感してみたんです、最高!

深海の体験したみたいに面白かった。

この記事ではその面白さを徹底的に

ご紹介します!

 

今年もあと数か月で終わりですね。

サメ映画で「The Megザ・モンスター」を

超える作品の公開はもうなしです!

 

だから絶対に大きなスクリーンで観て

みたいと思っていたんです。

 

期待と不安半分ずつでシアターへ。

そこで初体験の4DX上映をチョイス。

 

休日の朝早い上映なら、思ったよりも

席が空いていて好きな場所をゲット

できました。

 

で、感想はというと・・・・

 

間違いなく大正解!

面白かったあ~!

最高に楽しかったあ~!

 

おススメの「The Megザ・モンスター」を

徹底的にご紹介しちゃいます。

 

「The Megザ・モンスター」のストーリー

 

サメ映画のコアとでもいえる”サメVS人間”って

ところはお決まり定番です。

 

これがなければストーリーにならない。

 

【ストーリー】

映画はある資産家が組織している研究

探査チームをメインに進んでいきます。

 

世界一深いと言われているのが、有名な

マリアナ海溝。ところが、更に深いと

思われる未開の場所が見つかった。

 

*マリアナ海溝ってここ↓

 

 

この場所は、厚い(雲のような白い)水か

何かの層で覆われていて、今まで気づかれ

無かったという設定。

 

チームが探査潜水機でこの未開の地へ

脚を踏み入れます。

 

この厚い層のおかげで、環境が保たれ

想像を絶する見事な美しい世界が広がって

いたのです。が、とても巨大な何者かに

襲われ探査潜水機は浮上できなくなります。

 

彼らを救出するために登場するのが、

救出のプロであるジェイソン・ステイサム

演じるジョナスです。

 

救出に向かった彼の目に飛び込んで

きたのは、絶滅したと言われていた

巨大ザメ メガロドン。

 

Megalodon=Meg(メグ)というわけです。

 

深海にいたMegが浮上して、漁船や

ビーチで楽しむ人たちを襲い始めます。

 

ジョナスをはじめとする

研究探査チームが持てる知識を資材を

駆使して、Megを退治するため

命がけで臨んでいく・・・。

 

叫び声ごと飲み込まれる大きさが圧巻!

 

f:id:life-sketching:20180916075626j:plain

*公式HPより 

 

このキャッチコピーがまさにピッタリ。

この映画の主演は、ジェイソンだけじゃなくて

やっぱりMegですから。 

 

今まで大抵のサメ映画は観てきたつもり

なんですが、最大級に大きいわけです。

つまり恐怖も最大級。

 

小さい船なら、そのままゴクリですから。

こんな迫力、今までなかった。

これは大きいスクリーンで観るべきです!

 

面白さを200倍にする4DXを進める理由

 

海もの映画って、サメが出て来なくても

海の中っていうだけで、特別な体験ですよね。

 

そんな海体験を4DXでは余すところなく

体験できてしまうんですから。

これはもうアトラクション感覚です!

 

海ものは絶対に4DXが大正解!

3Dメガネ付きでお願いしま~す。

観るんじゃなくて、体験するんです。

 

【サメ映画は4DXが最高なわけ】

 

1. プカプカ浮いているような揺れ

2. 深海に潜る時の振動

3. 海上を飛ぶヘリコプターで受ける風

4. 水しぶきでホンもの感アップ

5. 襲われた時の衝撃の怖さ

6. 深海の静けさ

 

ちょっと思い出すだけでもこれくらは

ピックアップできちゃいますね。

 

特に3Dなので、海にはいっている

シーンは水面下の見えない部分に

恐怖感倍増します、間違いなく。

 

現実でも海の中って想像以上に

視界悪くて見えない恐怖ありませんか。

それに無意識下で何故か息苦しい。

 

【サメの映画】面白さは圧倒的!

 記憶に残る映画 4選!」でも書いたように

私自身の海の珍恐怖体験みたいなこも

ありますから・・・大汗

 

その感覚にスッポリはまります。

海・深海の体験スポットはここです!

 

「4DX」って一体なに?

 

プチ4DX講座しちゃいましょう。

私のように4DX未体験の方はどうぞ。

 

【4DXとは】

 

最先端の体感型シアターのこと。

前後左右上下に動くモーションシート、

水や風、香り、フラッシュなどの

特殊効果がシーンと連動する仕組み。

 

映画を観る感覚から、体験する感覚へ。

観ている人が映画の中に入って

出演者達と同じ体験をすることが

できるんです。

 

初体験した4DXシアターで分かったこと

 

1. 水しぶきは席によって変わるの?

 

風や振動はそう変わりがないようだけど、

席によって多少、水しぶきの多さが

違っていたこと。

 

これは本当かどうか、シアターの人に

聞けばよかったと後悔中。

 

もちろん、シートには「スプラッシュONか

OFF」のスイッチがあるので、ご自分で

選べます。濡れるのが嫌な人はOFFに。

 

私の斜め後ろの初老のご夫婦は、「結構

濡れたね!いや、楽しかった!」って。

 

2. シートごと動くので上映前にはWCへ

 

ちょっと恥ずかしいお話ですが、シートごと

動く仕組みなので、ちょうど車に揺られている

ような効果があって、お手洗いに行きたく

なるかも。

 

上映前にはお忘れなく・・・。

 

ハリウッド映画を支える中国企業の影響

 

ここでちょっとビジネス絡みのお話。

ここ最近、ハリウッド映画は中国企業の

資金投資で作られていることが増えています。

 

「The Megザ・モンスター」もしかり、

そういった背景がキャスティングやストーリーに

出ているんです。

  

例えば、ジョナスの元妻は最初だけ出番ありで、

急に顔だしが減ってしまい、リー・ビンビンさんの

キャラクター:スーインが出ずっぱりになります。

 

それにしてもリーさん素敵です。

覚えていますか?ミラ・ジョヴォヴィッチの

「バイオハザード」に出ていた彼女。

 

画面に登場した瞬間に「あ!リーさんだ!」って。

特にファンという訳ではなくて、バイオシリーズで

あれだけゲーム中のキャラに似たキャストって

いるのか?って当時思っていたから。

 

いつものハリウッド映画なら、最初に登場した

元妻と主人公の過去や不具合が語られて、

そこから修復・・・みたいな筋書きが多いの

ですが、若干、違和感を感じるくらいに

元妻の存在感がなくなるんです。

 

ロケもニュージーランドで始まり、

中国でしめるといった感じ。

 

最近のハリウッド映画には、主人公が白人で

ないケースも多くあるし、一つの映画をとって

みても必ず様々な人種のキャストが出てきます。

 

今回の「The Megザ・モンスター」はアジア系が

とても多くて、こんなところにも中国マーケットを

意識して作られたかな?って感じました~。

 

 未確認動物?UMA?いや、メガロドンです

 

ここでちょっとメガロドン=巨大ザメのことを

ご紹介します。

 

まったくの架空の生物ではなく、メガロドンは

実在していたと言われています。

 

人間が誕生するずっと前、1,800万年前~150万年前に

実在し海を泳いでいたと言われているのがこの

メガロドン。恐竜時代の海の王者だった

わけです。

 

【メガロドンが知りたい】

(公式HPより)

 

①メガロドンの体

 

とにかく巨大で、その大きさは20m~30mとも

言われていて、大型バス2台分くらいの大きさに

なります。

 

重さは20トンくらい。中型の引っ越しトラック

なら10台くらいはあるんですよね・・・汗

 

②メガロドンの口

 

体に合わせて口まわりも巨大で恐ろしい。

なんと歯の大きさは1個で人間の手のひらくらい、

そんな歯が276個並んでます・・・震

 

アゴの幅は3.3m以上あり、人間の身長の2倍は

あるわけで、現存している大きなサメ ホオジロ

ザメ(ジョーズに出てくる)を丸呑みです。

 

クジラも食べるこのメガロドンのアゴの力は

恐竜ティラノザウルスの6倍以上あったとも

言われているくらい。

 

古代生物メガロドンが絶滅した?その理由

 

これだけ大きければ、当時は食物連鎖の

頂点にいたことが想像できるのですが、

何故、絶滅したんでしょうか?

 

メガロドンが生息していたのは、比較的

温かい水温の場所と言われています。

 

海水温の変化への適応や捕食していた

クジラが寒冷海域に逃げ込んだことによって

絶滅に追い込まれた・・・など諸説が

あります。

 

この説が映画のストーリーにもうまく

織り込まれているんです。

 

白い分厚い層によって、深海でありながら

層の下には守られた温かい海域があったと。

そこにメガロドンが生き続けていたという

設定です。

 

なるほど、映画化するわけなので、現実での

調査結果を上手く練り込んでいます。

 

今でも「メガロドンを見た!」という報告が

あるそうですが、100%嘘ともいえないし、

環境の変化を考えると難しいじゃないとも

言える。

 

ネス湖のネッシーや雪男、今まで見たことの

ないモノにロマンを感じることはちょっと

理解できるかも。

 

まとめ!後悔なしの「The Megザ・モンスター」

 

最近、刺激がないな~と感じている方も、

サメ映画大好きな方もきっと満足できるのでは。

 

今年一番のサメ映画であること間違いなし!

カップルでも夫婦でも友達でも楽しめます。

そんなにグロイ場面は多くなかったし、

ストーリーはとてもスピード感あるので、

退屈場面はほぼなし。

 

おススメできますから!

酔わない人は4DXで「The Megザ・モンスター」の

世界に入り込んで体感してみてください。

 

◆公式サイトで詳細チェックできます

チケットぴあのセブンネットショッピング店

  で予約もできちゃいます。(nanakoカード使えます)

 

リー・ビンビンさん演じるキャラ:スーインの

お父さんが言うセリフで色々と考えました。

 

「人間は新しいものを見つけ、結局はそれを破壊

 してしまう・・・」

 

何気ないセリフだったし、劇中では違う意味で

使われていた感ありますが、私は本当だなって

ちょっと考えてしまいました。

 

メガロドンも研究探査チームが来なければ

守られた場所で今まで通り生きていた。

 

自分の聖域に入ってきたから襲ったわけで、

その結果、海に出てお腹を満たそうと

して本能のまま行動しただけ。

 

結局は人間の手によって破壊されて

しまい・・・。

 

自然にとっても宇宙にとっても

一番害があるのは人間かもって

考えちゃいました。 

 

ではでは!

 

 

スポンサー リンク