【2018年七夕祭り】まだ間に合う!7月7日はどうするのか?

f:id:life-sketching:20180610122350j:plain

 

 今年の「七夕」は土曜日ってご存知でしたか?

 

そうなんです、ちょっと計画を立てておけば、素敵な

七夕の準備ができるわけです。

 

今日は恋人同士や夫婦、家族でも思い出の1ページに

できる”七夕”について書いてみたいと思います!

 

毎年、時間がないからどうしよう・・・とか、休みが

取れないから、大したことはできない・・・なんて

悩んでいませんか。

 

今年は大チャンスです!

 

 小計画を立てれば、ちょっとしたイベントを

できちゃいます!土曜日ですから!

翌日、しっかり休息もアリです。

 

 

 

七夕の由来を先におさらい!

 

知っているようで、知らない”七夕”の由来。

ロマンティックな星物語ばかり先行していて、

ちゃんとした由来を知らないことも。

 

思い出の中で七夕といえば、短冊をお飾りしたり、

星を眺めたり・・・そういえば、詳しい意味を

あまり知らずに過ごしてきたんです・・・汗

 

せっかくなので、”七夕”の由来を調べました!

 

①七夕とは・・・

 

七夕は「たなばた」とも「しちせき」とも呼ばれていて、

日本のお祭り行事の一つです。ご節句の一つにも

数えられています。

 

ご節句とは、次の5つです。

◆ 人日(じんじつ)の節句(1/7)

◆ 上巳(じょうし)の節句(3/3)

◆ 端午(たんご)の節句(5/5)

◆ 七夕(しちせき)の節句(7/7)

◆ 重陽(ちょうよう)の節句(9/9)

 

奈良時代に中国から伝わってきた文化で、古くは

日本の禊(みそぎ)の行事として始まったもの

と言われています。

 

この禊という行事は、乙女が着物を織り、

棚に備え、神様を迎えて秋の豊作を祈るという

神事でした。

 

旧暦の7/7に行われ、お盆(旧暦 7/15)に入る

前の前盆行事として行われる意味もあったとか。

 

ほとんどの神事は夜明けの晩(7/7 午前1時ごろ)に

行われることが常で、それは午前1時ごろには主な星が

天頂付近にそろう時間帯でもあるからとか。

 

日本の文化・風習は、歴史に裏付けされた意味が

とても深い。それだけでも誇りに思えてしまいます。

 

② 織姫と彦星の星物語

 

子供の頃から聞かされてきた物語。一度聞いただけで、

ず~っと今まで忘れなかったくらいなので、ほとんどの

人の心に残っている物語かな。

 

悲恋物語

天の川を挟んで西岸に織姫が、東岸に彦星が住んで

いました。織姫は機織りの名人でとても美しい

織物を仕上げていました。

 

そんな娘を自慢に思っていた天帝は、娘のために

働き者の牛使いである彦星と引き合わせ、二人は

幸せに夫婦となりました。

 

結婚をしてから、あまりに仲が睦まじすぎて仕事を

おろそかにするようになったことで、天帝は怒って

しまい、天の川を隔てて二人を引き離してしまいます。

 

あまりの悲しみに暮れる二人の姿を不憫に思った

天帝が七夕の夜にだけ、二人が再開する機会を

設けてあげました。

 

1年に1度だけ、カササギに乗って天の川を渡り、

逢うことができるようになったのです。

 

③ 笹と短冊

 

笹竹は真っすぐに天に向かって育つ植物なこと、

そしてスッと伸びた竹の先にある笹の葉は風に

揺られてサラサラと音を奏でます。

 

このサラサラという音がご先祖様の霊を呼ぶという

言い伝えから、笹は神聖な植物だと言われており、

日本の風習の中で使われるケースを多くみられます。

 

この神聖な植物である笹竹に願いごとを書いた短冊を

飾り、「願いが叶いますように・・・」「ご先祖様に

届きますように」という願いが込められているわけです。

 

④ 七夕飾りの意味を知ろう!

 

五色の短冊以外にも、色々なお飾りを飾って

願いを込めることができるんです。

 

◆折鶴・・・・長寿を願います。

◆神衣・・・・裁縫が上達します。着る物に困らない。

◆財布・・・・金運上昇を願います。

◆綱飾り・・・豊年豊作大漁を願います。

◆くずかご・・清潔と節約を心がけます。

 

色々な意味を知ってお飾りすることで楽しみが

増えますね。家族なら誰が何を願っているのか?

なんて話になりそう・・・(笑)

 

 

スポンサー リンク

 

ディズニーでも七夕!「ディズニー七夕デイズ」

 

東京ディズニーランドと東京ディズニーシーで、

ミッキーとミニーが彦星、織姫コスチュームを

来て七夕グリーティングをしてくれていますよ!

 

期間は 6/7(木)~7/7(土)

 

もう、いくつになってもディズニーの夢の世界に

終わりはありません!アラフィフの私もあの場所に

いけば、大人であることなんて忘れちゃいます!

 

期間限定!これを見逃さないで!

①ウィッシングプレイスで笹飾りにお願いごと

②可愛いウィッシングカードに願い事を書く

③帯マウスでSNS投稿する

 

浴衣の帯をマウスの形に結ってお出かけして、

SNS投稿するんですって!楽しい!

 

詳しい帯の結び方は公式サイトで!

 

 

出かけるなら日本三大七夕祭り!

 

各地で色々な”七夕”祭りがあるんですよね。

私の実家地域では、どちらかというと七夕色より

盆踊りのような感じでしたね・・・苦笑

 

でもお気に入りの浴衣を着せてもらって、

友達と花火をみたり、露天商で美味しいもの

食べたり、彼氏にプレゼント買ってもらったり、

思い出はたくさん残ってます!

 

 

日本三大七夕祭りと言えば・・・この3つ。

 

◆仙台七夕(宮城県仙台市)

 

 とにかく歴史が古い!なんと400年の歴史が

 あるお祭りです。伊達政宗の時代からある

 伝統の行事で、注目は大きな笹飾り。

 行ってみる価値ありです。

 

 <時期> 8/6~8までの3日間

 七夕の日と違う!って思ってませんか?

 旧暦と新暦の違いなので、ちょっと違って

 しまうのです。

 

 仙台七夕の公式サイト

 

◆平塚七夕(神奈川県平塚市)

 

 1951年に第一回目が開催されたお祭りです。

 歴史としてはまだ新しいですが、金曜日に

 はじまり、日曜日に終わるという観客には

 見に行きやすいのが特徴。

 

 <時期> 7月の第一金曜日~日曜日

 要注意は、この時期は結構雨になる可能性が

 高いみたいです。

 

 平塚七夕の公式サイト

 

そして・・・3つ目については色々な説があるようです。

 

同じ愛知県一宮市で開催される「一宮七夕」が

3つ目だという人もいれば、安城市の「安城七夕」が

そうだという人もいます。

 

◆安城七夕(愛知県安城市)

 

 びっくりするのは、この七夕に訪れる人の数。

 なんと3日間で100万人以上だそうです!

 凄すぎです!

 

 <時期> 8月初旬の金曜日~日曜日

 

 安城七夕の公式サイト

 

◆一宮七夕(愛知県一宮市)

 

 正式名称は「おりもの感謝祭一宮七夕まつり」

 だそうです。1956年から開催されていて、

 こちらもかなり凄い人が訪れています、

 それも130万人!

 

 <時期> 7月下旬の木曜日~日曜日

 

  一宮七夕の公式サイト

 

 

日本の七夕を生で見て、彦星と織姫の星物語に

思いをはせてみるのも素敵な思い出になりそう・・・。

 

色々な七夕の楽しみ方がありますね。

一大イベント化しなくても、地域のお祭りに

参加したり、家族で充実七夕もありです。

 

暑い夏、ジメジメした季節を乗り切るには

楽しい気分になることが一番有効な策かも

しれません。

 

今年の七夕はどう過ごしますか?

 

 

 

スポンサー リンク