【主婦考】家事って仕事なら、時短ってズボラですか?

f:id:life-sketching:20180520152516j:plain

  

こんにちは、リトルパインツリーです。

職場での会話をきっかけに考えたこと。

 

あるネットでの情報サイトを見ていたら、働く

主婦が時短のために食事をつくらなくなったことが

取り上げられていました。

 

その傾向に伴って、システムキッチン周りの

売れ行き自体にも影響がでているとか。

 

主婦が台所に立たなくなってきた?

 

これは男性、女性の話でなくて、家事を

やっている人の話。

 

そんなニュースを読んで思ったことを

今日は書いてみたいと思います。

 

 

 

主婦がズボラになったって?!

 

「ズボラ」っていう意味は、 

行動・性格がだらしのないこと。

また、そのさまやそのような人。

 

たしかに私も含めて、職場の同僚や友達も

皆、時短できる方法をいつも探しているんです。

そんなちょっとした”やりくり”上手な情報サイトや

ブログもたくさんあります。

 

便利な冷凍食品や宅配食も種類があって、

駅前には必ずコンビニが。

 

私は個人的に「時短はズボラではない」と思って

いるんです。今の主婦は賢く時間のやりくりを

していると。

 

限られた時間の中で、家族や子供ためにやる

べきことを、コツコツ、そして毎日同じことを

繰り返しやっているわけです。

 

衣類や食器がいつも通りたたんであったり、

食器棚にあったりすることは自動では

ありませんから。

 

当たり前の風景が毎日あるのは、それをやって

くれている人がいるからなんです。

誰も見て、知ってくれていなくても。

 

スケジュールに追われることから解放されたい

 

最近は家事以外にもやるべきことが増えている。

地域で子育てする時代じゃないから、ちゃんと

見ていないと危なくて公園にもいけない。

 

 保育園も少ないし、親とも離れて転勤している

から子供のお世話を頼めない。

 

貯蓄を増やしたいけど収入が増えないから、

短時間でもパートで補いたい・・・。

 

考えれば色々な事があって、気がついたら

時間がもうない・・・ってことになる。

 

そうなると、今ある毎日の家事をできるだけ

早く終わらせて、ほかの時間にまわしたい。

 

自分っていう個人を感じる時間がほとんど

ないわけです。そんなちょっとした

スキマ時間を作りたいっていう夢も

育つんです。

 

罪悪感は持ちたくない

 

時短=手を抜くじゃなくて、効率よく

考えて動くっていう考え方です。

 

家族の食事もやっぱり健康を考えるし、

もちろん家計のやりくりも考えます。

 

でも時短できる家電や器具は、あり

がたく使います。

 

時短のおかけでブログを始めることが

できました。

 

今はブログを書くことが自分という

個人の時間なのでとても大切です。

発信する=心で話すってことです。

 

私の母は戦後を生きた世代だったので、

洗濯機が家にきただけで・・・

 

「こんなに簡単に洗濯できてしまって、

人間が怠け者になる!」っていってた

人です。

 

そんな母ですが、今の社会を見てよく

言っていました。

 

「どうしてこんなに急いでいるのかしら。

どこに行くつもり?毎日、健康であること、

食べるものがあること、横になる寝床があること、

そんな目の前にあることが積み重なって幸せなの

に・・・」って。

 

 加速度増していく生活の中で、へそくり

みたいに、コツコツと自分の時間をつくる

楽しみくらいあってもいいと思いませんか?

 

 

 

 

 

スポンサー リンク