【レディーススニーカーの選び方】満足度をアップさせるスニーカーブランドの特徴

f:id:life-sketching:20190303105118j:plain

少しずつ暖かい日が増えてきましたね。

鈍った体をちょっと動かしたいな〜と

思い始めたら、いつも気になってくるのが

”履きやすいスニーカー”です。

ポイントは”履きやすい”という点。

 

今回は、この”履きやすい”という点に

重点をおいてオススメのスニーカーや

それぞれのブランドの履き心地などを

ご紹介します!

 

私は相当なスニーカー好きです。

20代の頃から、店頭で見かける

スニーカーはほとんど履いてみたと言っても

言い過ぎではないかも。

 

結構、ブランドによって履き心地は

違うものなので、サクッとご紹介してみたいと

思います。今からスニーカーを買おうかな?と

検討中の方の参考になれば嬉しいです。

 

 

 

長く履けるスニーカーの選び方

 

デザインやカラーで選ぶのも良しですが、

一度購入したら、数年はお世話になるわけ

なので、できれば満足度が高いものを選びたい。

 

とはいえ、スニーカーは1足しかないって人も

少ないし、特に女性は色々な靴を選ぶことが

できるので、カラーやデザインで服のコーデとの

相性を考えることありです。

 

スニーカーブランドは結構ありますよね。

ストアに行っても目移りしてしまうくらいに。

(楽天でクーポン使ってお得に買えちゃえるかもです。)

 

各ブランドのスニーカーの特徴

 

あくまで私の個人的な意見ですが、今まで

履いてみた経験から特徴をお伝えします。

定番や人気と言われるモデル中心です)

 

*ナイキ*

スニーカーといえば、最初に出てくるのが

こちら。種類もいろいろあるのですが、ここでは

一般的な型でお話します。

 

 

 

<好きなところ>

足をすっぽりと包み込むようなホールド感が

高い。ハイカット系になるとくるぶしまでしっかりと

包み込んでくれるので、激しい動きの際には

安心感が抜群。靴の内部は柔らかめなので、

疲れにくい。

 

値段設定にも幅があって、選びやすいし

経済的。白、黒といった定番で使いやすい

カラーを選ぶことで使えるシーンが多数。

 

<今ひとつなところ>

靴の幅が土踏まずからカカトあたりにかけて、

かなりタイトに感じる。が、指先については

少しゆとりがある。この差がしっくりこない

場合もあり。

 

*コンバース*

 

こちらも女性には大人気の定番スニーカー。

スカートでもパンツでも、可愛く履ける

そのシンプルで変わらないデザインが最高。

 

 

 

<好きなところ>

キャンバス地なので、汚れたらサクッと

洗えることも経済的。靴幅はちょうどいい

感じで心地よい。

 

ジャック・パーセルラインもあって、

ちょっといつもより差をつけたい方には

もってこい。

 

多くのシーンで使える割にはお値段は

良心的なので、カラーを変えて揃える

こともできる。個人的には、グレーが

イチオシです!

 

<今ひとつなところ>

軽くて可愛いけど、靴底が薄いので、

長時間の歩きやショッピングをすると

足が疲れやすく感じる。

 

歩く際に一番曲がる指の

付け根あたり、この部分の底ゴムと

キャンバス地あたりに隙間ができやすい。

 

*ニューバランス*

 

最近は超人気のブランド。デザインも

カラーも増えていてお気に入りです。

 

 

 

<好きなところ>

特に長時間の歩きでも、ちょっとした

旅行でも最高の履き心地。

 

疲れを感じない靴底とクッション具合が

イチオシの理由。お値段は少し高めだけど、

スカートでもパンツでもコーデはバッチリ。

 

足の付け根が悪い私でも、ちょっと遠出を

する際やショッピングには絶対に欠かせない

スニーカー。

 

モデルによって多少の形が違うけど、

足のホールド感、クッション、幅など

全てにおいて満足度100%!

 

<今ひとつなところ>

特にない!と言い切りたいけど、

一つだけある。それは、クッションが良い

からなのか、靴の形がへたりやすく

感じるのは私だけかな・・・汗

 

*アディダス*

 

誰もが知っている3本ラインの定番

スニーカー。

 

 

 

<好きなところ>

もともとテニスシューズということもあるのか、

靴底が比較的硬いので、地面の凸凹を感じにくくて

疲れにくい。

 

靴幅も十分で少々冬物靴下でも問題なく

履けるし、形がフラットなので、どんな

コーデにも合いやすくて使い道多し。

一足を大切に履いていれば、かなり長期的に

使える優れもの。

 

お値段はちょっと高めだけど、その価値は

十分だと感じるスニーカー。パンツに履くなら

ちょっとかっこよく見えるのがプラス。

個人的にはスタンスミスラインが大好きです。

 

<今ひとつなところ>

モデルによって形やデザインにあまり

変化がないところかな。

 

*バンズ*

 

最近は特に街で見かけることが多い

人気のブランド。

 

 

<好きなところ>

お値段がお手頃で、サクッとおしゃれに

履けるところ。サイドのサインも特徴的で

すっきりしたデザインが可愛い。

 

他のブランドの良いところを取ったような

履き心地で良い。

 

<今ひとつなところ>

デザイン以外でこれがバンズだ!って

いう特徴がつかみにくいくらいかな。

 

*リーボック*

 

こちらはひと昔前に一世風靡した

ブランド。エアロビクス全盛期には

よくスタジオで見かけたものです。

 

 

<好きなところ>

とにかく軽い、柔らかいが特徴。

履きやすくて、むしろ本当に履いてる?って

思うくらいの心地よさ。

 

最近は色々なデザインが出ていて、

軽くて街は履きにも最適。

 

<今ひとつなところ>

昔のモデルのようなリーボック差が薄れたかな。

それでも履き心地は良いまま。

もう少しデザインがあればいいな。

 

*スケッチャーズ*

 

定番の厚底から脱出して、色々なモデルが

出ている、可愛い系スニーカー。

 

 

<好きなところ>

とにかく厚底モデルが可愛いし履きやすい。

しっかりと足をホールドしてくれるし、

厚底&クッションで疲れない。

 

ウォーキングなんかにぴったり!

 

ある程度の靴の重さがあるので、脚を

前に後ろに運ぶ際の、リズムが取りやすくて

疲れない。

 

ちょっと長めのパンツでも厚底なので

足長に見える効果もあり!これ大事。

 

最近は超軽量シリーズも出ていて、カラーも

可愛いし、今一番注目しているスニーカーです。

 

<今ひとつなところ>

一般的な量販店での販売モデルが少ないこと。

スケッチャーズの直営店なら選べるけど・・・。

 

履きやすさのポイントは3つ

 

 

1. インソールは立体形が楽

 

人それぞれ足の形があるので一概には

言いにくいですが、足が疲れにくいのは

インソール部分が”立体形”のものを選ぶと

いいと思います。

 

意外に平たい系のインソールは疲れやすく

なるので・・・。

 

2. 足先のゆとりは適度な方がいい

 

指先がきついとか、逆にスペースがありすぎる

のもまずい。ちょうど、手の指が1本くらい

入る程度の隙間がある方がいいです。

 

私は冬物ソックスが厚手のものが多いので、

指1.5本くらいのものを選んでいます。

 

3. 靴底はクッション性があるものを

 

これって案外気にしない方も多いと思いますが、

足の疲れはこんな点からもくるんです。

 

地面の凸凹をうまく吸収してくれるだけで、

足、足首、脚の疲れ方が違います。

長時間歩いたあと、膝に熱を持っている

タイプの方は、靴底を重視するといいです。

 

 

 

久しぶりにスニーカーについて熱くなって

しまいましたが、自分でも振り返って

みると結構履いてるな〜って。

 

毎日履くものなので、ちょっとした気遣いを

して選ぶだけで、手放せないスニーカーに

出会うかもしれません・・・。

 

 

ではでは!