【ホラー映画】期待が大きい「クワイエットプレイス」とうとう日本上陸!

f:id:life-sketching:20180929195207j:plain

ハロウィンが近づいてきましたね。

今日は、そんなシーズンにピッタリマッチの

クワイエットプレイス」について

根こそぎご紹介します!

 

ハロウィンの季節は普段あまりホラー映画や

怖いのが好きじゃない人でも、

”怖いモノ見たさ”で興味が沸いてきませんか。

 

私もホラー映画は全然得意じゃないのに、

変な心理でやっぱり見たくなってしまって。

 

そこで私が興味深々でシアターに行こうか

どうか迷っている期待値大の上映中

最新作「クワイエットプレイス」に

ついて色々と下調べしてみました。

 

【クワイエットプレイス】新感覚ホラーのあらすじ

 

全米で低予算ながらオープニングが

5,000万ドルを超えて超ヒットホラーに

なったこの作品。

 

それだけに期待値がグングンうなぎ

上りなわけです。

予算が多くつぎ込まれているからって、

絶対に面白いとは限らない。

 

そこが映画のおみくじ。

 

【音を立てたら即死!】気なる!あらすじ

 

f:id:life-sketching:20180929203015j:plain

公式HPより)

 

この恐怖感、想像してみてください

音にだけ反応して人間を襲うモンスター。

そんな怪物によって世界は一変し

荒廃した世界を描いています。

 

そんな中で生き残った一家、

エヴィリン&リーと3兄弟。

一番上であるリーガンは耳が聞こえません。

普段の生活は手話を使い、足音を消す

ために裸足で歩き、静寂の中息を

ひそめて暮らす毎日。

 

ふとした物音でさえ、一瞬にして

命を奪われてしまうその緊張感と

恐怖はたとえようもない。

 

ある日、出かけた先で見つけた

おもちゃ店。

リーガンが許したことで、一番下の

末っ子が音の出る玩具を持ち帰って

しまいます。

 

その帰り道に末っ子がおもちゃの

音をだしてしまい・・・命を落とします。


それ以降、リーガンはその責任に

苦しみ、父のリーはリーガンと

ギクシャクしてしまいます。

 

それでも生き残ることをあきらめず、

解決策を探そうとするリー、気持ちを

強くもって家族をまとめる母エヴィリン。

 

心の傷を抱えたままのリーガン、

新しい命の誕生が近い母エヴィリン、

末っ子の亡きあと父と共に家族を

守ろうとする長男のマーカス。

 

そんな彼らにモンスターの影が

忍び寄ります。彼らは生き延びる

ことができるのか・・・・。

 

 ホラーでも色々な種類があります。

得意ではないと言いつつ、結構

観てます・・・はい。

 

【おススメ映画】私の

最強ホラー映画はこれ!でも少しご紹介

したんですが、知らない、分からない、

特に未知のモノに対する恐怖感が

一番強いことを再認識。

 

その点では合格ってことで。

 

【キャストの魅力】エミリーブラントが素晴らしい!

 

ホラー映画は、俳優の演技力がモノを

言うんですよね。

 

色々な無理・無茶なストーリー設定

ありですから。

 

架空の設定だからこそ、恐怖感を

出すのは結構難しい。

実際に経験することがないわけなので、

どんな表情やどんな恐怖なのか、

まったく想像の世界ですもの。

 

 エミリーブラントが素敵な理由

 

初めてエミリーを知ったのは、

ご存知の「プラダを着た悪魔」でした。

顔は知っていたのに、作品は皆無でした。

 

プラダを着た悪魔 (字幕版)

プラダを着た悪魔 (字幕版)

 

 

ちょっと意地悪で先輩ぶっているのに、

可愛らしい一面をのぞかせる演技は、

存在感あって、共演のアンハサウェイや

メリルストリープを引き立てさせる

名わき役の演技。

 

イギリス生まれのイギリス人。

ちょっとはかな気で、でも芯はしっかり

しているようなブルーのまなざし。

優しくもあり、強くもあり。

 

現代が舞台の映画に多く出演して

いるけど、彼女の出演作は幅広い。

 

彼女はとても感情表現が上手く、

泣く、怒る、笑うなどハッキリした

感情だけでなく、全てにおいて微妙で

繊細な部分を見事に演じるんですよね。

 

特に気に留めてきた女優さんではないのに、

気が付くと彼女の出演作は全て観ていました。

これって、結構ハマってる証拠かな。

 

ここ数年は彼女の名前覚えておいても

損ないくらい活躍されるかもしれません!

 

【エミリーの魅力炸裂!おススメ3作品】

 

1. ヴィクトリア女王 世紀の愛

 

  女王役がハマっていて、彼女の細い体に

  ぴったりな時代物のドレス。

  英国の映画賞にノミネートされた

  演技に見とれます。

 

2. 砂漠でサーモンフィッシン

 

  ストーリーはとっても風変りだけど、

  心温まる素敵な映画です。エミリーの

  素が活きる演技。

 

3. オール・ユー・ニード・イズ・キ

 

  トムクルーズが主演ですが、完全に

  彼女の存在がなければ成り立たないほど

  存在感抜群でかっこいい。こんなにまで

  体を鍛え上げたんだなって思える

  女優根性で、見事なイメチェンしてますよ。

 

最強に怖いホラーではないけど、新感覚ですから

 

ホラーの定番ストーリーならここまで

興味をそそられなかった。

 

けれど、音のない世界で恐怖・不安と

どう戦い、どう生き残るのかっていう

疑問に興味があったんです。

 

色々な口コミを散歩していると、

それなりに”ツッコミどころ”は

あるようだけど、ホラー映画は

ほとんどがそうなんで・・・。

 

新感覚と言えば、今となっては

新しく感じないけど、少し前なら

M・ナイトシャマラン監督

手掛けるものがそうだったかな。

 

「シックス・センス」なんて

超怖いホラー映画かと思いきや・・・見事でした。

まだ観ていない人はおススメですよ。

 

人が信じていること、見ていることを

見事に裏切ってそうだったのか!と

思わせてくれるあたりは、

これって!凄い視点!新しい!って

思ったものです。

 

映画のストーリーの展開が見えすぎると

途中から集中力きれちゃったりします。

 

でも予想を大きく裏切ってもらうと

それが楽しかった!っていう感覚に。

 

ハリウッドでもホットなご夫婦が出演

 

この映画を監督したのは、エミリーの

本当のご主人であるジョンクランシスキー

彼は米国人です。

 

が、彼を一躍有名にしたのは、

「ザ・オフィス」という英国の

人気コメディなんです。

 

ちょっと変わった社員がいるオフィスで

起きる日常をかなりシニカルに描いて

面白かった。

 

現在は、この映画のヒットもしかり、

TVシリーズの主役はってますから。

 

それが・・・

「トム・クランシー/CIA分析官 ジャック・ライアン」

なんです。 

 

そうです、ご存知のとおり、映画では

ハリソンフォードが演じていた

ジャックライアンです。

 

こちらは動画配信が始まっていて、

興味のある方はAmazon Prime Videoで

観ることができます。

 

というわけで、今まさに階段を

駆け上がっている俳優さんということです。

 

「クワイエットプレイス」のまとめ

 

米国では色々と映画評論家の方たちが

コメントを寄せてますね。

 

厳しい評もあるようで、

”ツッコミどころ”満載で2流映画だと

言う人もいるようですが、このご夫婦の

演技については好評を得ているんです。

 

ホラー映画の定番で、何故か一人で、

行っちゃいけない場所に行ってしまうとか、

暗闇で羽目を外してしまうとか、

よくあるパターンではない。

 

人間が元々持っている恐怖心を

しっかりコアにいれているところが

ヒットしたポイントじゃないかな。

 

暗闇、静寂という普通で想像しても

不安感いっぱいになるシチュエーションを

土台にして、モンスターを

登場させるから余計にきゃ~!って。

 

今までとは違ったホラー映画に

興味深々なので、時間が空いたら

行ってみようと思ってるところです。

それまではエミリーの他の映画で我慢しよっと。

 

 

ではでは!