【LINEクレジットカード】3%の還元率って!仕組みをサクッと調べてみた

f:id:life-sketching:20190202191626j:plain

LINEは日常のコミュ用としてガッツり使って

いますが、驚きのニュース!LINEとVisaが

提携してクレジットカードを発行するって。

しかも初年度3%の還元率って!

ということで、今日はサクッと仕組みに

ついて書いてみたいと思います。

 

LINEを日常で使っている人多いと思います。

私もその中の一人。職場の同僚たちとも

繋がってるし、連絡もLINEでやってる派。

 

電話で話すのも好きだけど、相手の都合が

悪かったりするとやっぱりLINEが一番。

皆さんは使ってますか?

 

 

 

2019年LINE PAYクレジットカードが生まれる

 

ネットでニュースを見ていて、びっくりした

のがこちらのニュース!

一気に注目してニュースを読み切りました。

 

まだ今年中に発行って段階なので、

詳細はこれからですが、知っておいて

メモっておきたいニュースです。

 

「LINEがVIsaと提携してクレカを発行」

 

「【クーポンがお得!】”きんのぶた”を

 Line登録してお得に食す!」の記事でも

ご紹介したように、友達登録でお得な

クーポンがもらえて美味しい思いをしたり

している我が家では聞き捨てならん!

ニュースなわけです。

 

LINE Pay Visaカードはどんな利点があるのか?

 

最近はスマホ決済も結構見かけるように

なりました。特にコンビニではサクッと

支払いを済ませるビジネスマンもいます。

 

スマホ決済の理解自体もやっとこの間

分かったところなのに、どんどん世の中は

キャッシュレス社会になっていっています。

 

そこで今回の「LINE Pay Visaカード」の

大きな特徴をまとめてみました。

 

LINE Pay Visaカードの特徴が知りたい!

 

カードを使う庶民にとっては、やっぱり

還元率を無視することはできません。

 

「【2019年度版】クレジットカード

 乗り換えで押さえておきたいポイント3つ」

でも書きましたが、消費税が上がっても

還元率を賢く考えてつかうことで、結局、

ちょっとお得に購入できる仕組みだから。

 

【LINE Pay Visaカード3つのポイント!】

 

1. 支払いと同時にLINEで決済が通知される

2. ショッピング利用に初年度は3%の

  LINEポイント付与(1ポイント=1円相当)

3. LINE Payコード支払いの支払い先として

  登録可能

 

普通に聞いても「3%!」ってびっくりします。

 

一般的なクレカの場合、還元率は1%前後が

ほとんどです。

 

「【スマホ決済】知りたい基本中の

 基本をサクッとご紹介!」でご紹介した

LINE Payカードでさえも、2%の還元率でしたから。

 

もちろん、条件があって”初年度”って期限付き

ですけど、LINEをよく使う人ならこのクレカを

作っておく利点は多い。

 

こうやって熱を込めて話している私ですが、

情報をもう少し集めて、詳細が発表され次第

クレカを作ろうと考えているってわけです。

 

仕組みをサクッと整理してみましょう!

 

f:id:life-sketching:20190202194242j:plain

きゃ~!ちょっと見えにくい上に、

汚い図で申し訳ありません!(陳謝)

 

これは私自身が理解するためにサクッと

書いてみたものでして・・・(汗)

 

LINE Payって今現在は、色々な支払い

方法があるんです。

 

<支払い方法>

*LINE Payカード(JCB)

*QUICPay/QUICPay+

*コード支払い

*請求書払い

*ネット決済

 

<決済可能なクレカ>

楽天カード

*リクルートカード

Yahoo!JAPANカード など

 

これらのほとんどは、LINEポイントか

銀行口座からチャージするLINE Payの

残高を使って決済する仕組み。

チャージする必要ありなんです。

 

ところが!LINE Pay Visaカードで可能に

なるのが、「コード支払」です。

 

楽天ペイなども同じ仕組みですが、

紐づけされたクレジットカードで

支払いが可能になるんです。

 

つまりLINE Pay Visaカード限定で

それができる。提携したVisa限定ですから。

 

Visaカードの国際性もありがたい!

 

2020年にはオリンピックが控えています。

東京オリンピックによってもたらされる

ものは経済効果だけでなく、色々な

社会の仕組みも加速すると言われて

います。

 

きっと、いや絶対にキャッシュレスは

驚くほど浸透していきます(汗)

 

海外旅行などでクレカを持っていくなら

やっぱりVisaかMasterですよね。

ほとんどの国でつかえちゃいますから。

 

オリンピック効果で色々な場面で

キャッシュレス決済が増えていくでしょうから

そういった時に国際ブランドであるVisaカード

なら安心。

 

それに知っていますか?Visaカードは

オリンピックパートナーを務めているって。

 

色々な面を考えても、LINE Pay Visaカードは

登録をしておくとお得な匂いがぷんぷん。

 

クレカとキャッシュレスはどうなるの?

 

正直、年々新しいプランや支払い方法が

増え続けているので、利用者側である

私たちもアップデートしないといけませんね。

 

アメリカでも「Amazon Go」がかなり

浸透し始めているみたいで、ランチタイムは

大盛況みたいですし。

 

これからは「いつもニコニコ現金払い」なんて

昭和な考えは通用しなくなりそうですね。

 

キャッシュレスは、高齢者の方々にとっても

安心なお金の管理方法になる可能性もありです。

 

現金を持たないことが今後どうなっていくのか?

不安と期待がありますが、ちゃんと付いて

いけるよう頭を柔らかく保ちたいものです・・・。

 

ではでは!