【加湿空気清浄機の選び方】家電量販店で聞いた人気3種の比較とお得な買い方

f:id:life-sketching:20180923185836j:plain

冬を迎える前に加湿空気清浄機を検討

している方多いですよね。我が家もそうです。

父の代からお付き合いのある家電量販店の

店員さんにバッチリ聞いてきましたので、

加湿空気清浄機についてぜ~んぶご紹介します!

 

家電製品を買う時は、父の代からずっと

お世話になっている家電量販店の田中さんに

いつも根掘り葉掘り聞いて買うようにしている

我が家。

 

田中さんは店舗を異動になっても、ずっと

お付き合いがあって、”売る”ことだけに

熱心じゃなくて、本当に家電好きというか、

自分が売る商品に対する研究心がある人。

 

だから父も信頼をしていつも相談していたって

訳なんです。

 

今回のお題は、加湿空気清浄機

 

特に朝起きた時の喉の痛みを感じる

くらいに乾燥しているってこと

ありませんか?

 

寝室やベッドのちかくにおいて

こんな不快感から解放されたい!

 

そんな悩みを解決してくれる

加湿空気清浄機の選び方から

お得に買う方法などを

ぜーんぶご紹介します!

 

 

 

加湿器と空気清浄機の違いを知っておく!

 

当たり前のようですが、ここからしっかりと

説明してもらいました。

 

最低でもここを知っておくと知らないとでは

後から選び方が違ってきます。

 

加湿器の特徴とは?

 

ズバリ!加湿器は空気中の湿度をあげるもの。

 

乾燥した空気の中にいると色々な問題が

起きやすくなる。

 

1. 風邪のウイルスの活動が活発になる

2. 肌荒れ、ひびわれで痒くなる

3. 喉の違和感や痛みがでる

 

こんな問題を解決するには、加湿をすることで

防げます。

 

空気清浄機の特徴とは?

 

ズバリ!空気清浄機は空気をきれいにするもの。

 

空気中の浮遊物をキャッチして取り

除くのがお仕事です。

 

空気中の浮遊物といえば・・・例えば

1. カビ

2. PM2.5や排気ガス

3. 花粉やハウスダスト

 

浮遊物を取り除く範囲やレベルは

空気清浄機の機種によって違うので

購入前には確認を。

 

加湿器と空気清浄機の違いはこれで

わかりました、ありがとう田中さん。

 

一体型と別々に購入するのはどっちがいいのか?

 

ここまで説明を聞くと、単純な疑問が

沸いてきます。

 

田中さ~ん、どうなんでしょう?

加湿器と空気清浄機を別々に購入する、

それとも加湿空気清浄機にするのか。

 

主婦としてパッと思いつくのが

置き場所の問題。もちろん、値段や

コスパ、機能なんかも気になりますが、

2台を置いておくスペース問題です。

 

加湿空気清浄機を買うメリット3つ

 

最近はこの一体型タイプが多くなって

いるので、売り場で見てもそれが

わかりますよ。

 

1. 置き場所が1か所でオーケー

2. 掃除やお手入れが一つ分でいい

3. 多くの種類から選べる

 

 

ただし、一体型の加湿空気清浄機は

機種によって高くなるケースがあるので、

コスパや使い方を検討して選ぶのが

いいですね。

 

別々に買う場合のメリット3つ

 

元々それぞれに特化した専門機なので、

不得意分野はありませんよね。

 

つまりその機能に特化していることは

簡単に想像できます。

 

1. それぞれの用途に合わせて場所を

  かえることができる

2. 故障しても片方のみ買い替えできる

3. 使わない季節は収納しておける

  

結局は、それぞれのメリットを見比べて

どちらにあなたのこだわりがあるか?

ということになりますか・・・。

 

加湿空気清浄機の人気トップ3の比較!

 

毎年、色々なメーカーから改善・改良された

モデルが発売されますよね。

 

これが問題で、「一体、前の機種とどう違うの?」

「何故、この機種だけ高いの?」と気になって

しまいます。

 

が、結局、皆が選んで納得している人気機種に

落ち着く場合が多くないですか?

だったら・・・人気機種を3択してもらいました。

 

【プラズマクラスター/シャープ加湿空気清浄機】

 

プラズマクラスターといえばシャープ。

この10年くらいは、この言葉の魅力で

ほとんどの人が購入したのが空気清浄機。

 

改良が進んで今は、加湿空気清浄機が

売れています。

 

★プラズマクラスターという機能を知る

 

シャープが売り出したプラズマクラスターと

いう機能をおさえておきます。

 

主に除菌・招集に特化して効果がある

機能で、プラスとマイナスのイオンを

発生させ、水に近い状態を作り出します。

これがウイルスやカビ菌、臭いの成分い

吸着して、それぞれの成分を抜き取って

効力を弱めてくれるという機能なんです。

(田中さん説)

 

人気機種でもお手頃を探すと・・・

 

1. シャープ KC-G50 

 

最大適用床面積:23畳 / PM2.5対応 

  

2. シャープ KI-HS50 

 

最大適用床面積:23畳 / PM2.5対応

 

【ナノイー/パナソニック加湿空気清浄機】

 

パナソニックもナノイーで売れましたね。

ちなみに我が家のエアコンは、パナ製の

ナノイー付きです。

 

パナソニックはちょっとお値段が高い

のが辛いところですが、田中さんのおかげで

購入できました!

 

★ナノイーという機能を知る

 

パナソニック製品ならほとんど付いている

ナノイーを聞いてみました。

 

ナノイーはシャープのプラズマクラスター

に似た機能で除菌・抗ウイルスをイオンを

使って除去する方法です。

 

更に臭いを抑える効果だけでなく、肌や

髪の保湿にも効果があると言われている上、

食品のビタミンEなどの栄養素をアップ

させたり、野菜などの低温障害も抑制する

働きがあるので、パナ製冷蔵庫にも

ナノイーが搭載されています。

(田中さん説)

 

人気機種でもお手頃を探すと・・・

 

1. パナソニック KI-HS50 

 

最大適用床面積:31畳 / PM2.5対応

 

2. パナソニック F-VXP90

 

最大適用床面積:40畳 / PM2.5対応

 

【光速ストリーマ/ダイキン加湿空気清浄機】

 

我が家のあこがれダイキン製。ちょっとお値段

高めでくだけてません。

 

とはいっても、他とは違う仕様なのが

気になるポイントです。

 

大きな企業ビルや倉庫などでダイキン製は

定評が高く、多くで見かけることができます。

それだけの歴史と評判があるってことですから。

 

★光速ストリーマという機能を知る

 

電気集塵とフィルターを合わせることで

除去するのはダイキン製だけ。

 

空気中に浮遊しているダニの死骸なんかは

電気によって吸い寄せられる。

 

花粉やウイルスは高電圧によって電子分解して

花粉・ウイルス自体を消滅・弱体・分解する

仕組みです。そうなんです、分解までして

しまう・・・凄い!

 

人気機種でもお手頃を探すと・・・

 

1. ダイキン MCK70U

 

最大適用床面積:31畳 / PM2.5対応

 

2. ダイキン MCK55U

 

最大適用床面積:25畳 / PM2.5対応

 

 

徹底的に除去するならダイキン光速ストリーマ!

 

f:id:life-sketching:20180923203753j:plain

 

どの機種を選ぶかは、どこまで徹底したいのかって

ところにかかってくるわけなんです。

 

シャープのプラズマクラスターや、パナソニックの

ナノイーはウイルス、花粉などは弱体化させたり

包み込んで落とすことはできますが、分解までは

できません。

 

加湿空気清浄機の場合、フィルター部分にカビが

つきやすいと言われているのですが、これもまた、

加湿フィルターを光速ストリーマ機能で除菌

しながら加湿してくれるので、カビの繁殖を

軽減させてくれます。

 

気になる部分にまで最新の技術が活かされて

いるので、我が家の意見ではダイキン製が

おススメです!

 

売れ筋機種を少しでもお得に購入する方法

 

家電製品とはいえ、小さな出費ではないので、

しっかり&ちゃっかり少しでお安く購入

したいと思うのが普通。

 

こういう聞けない話もできてしまうのが

田中さんだから。

 

① 価格と売れ筋の下調べ

 

まずは価格を調べてみることから

始めるんです。

 

1. 価格.com

絶対にチェックするサイト。

ここでは最安値をチェック。

ついでに製品の評判まで書かれているので

選ぶ際の情報源になりますよね。

 

2. Amazon

こちらも同じくチェック。

人気ランキングも一緒に確認します。

家電製品はAmazonで購入することが

多いので、スルーはありません。

セールを見逃さないように!

 

3. 楽天

こちらも定番ですね。

ヌカリなくチェックします。

こちらも有名な楽天セールを

見逃さないように。

 

② 製品詳細と価格のチェック

 

家電製品は毎年季節になれば新型や

新製品が発売されることが多いので、

余程のこだわりがない限り、新製品に

飛びつかない冷静さを持って。

 

旧モデルと少ししか違いがなくても

新製品は価格がド~ンと跳ね上がります。

 

こだわって購入したい機能がないなら、

少しくらい型落ちしていても大丈夫。

発売してすぐの商品は高いですから。

 

ネットと量販店?購入方法の選び方ポイント

 

ネットや量販店で下調べを終えたら、

まずはめぼしい機種をピックアップします。

 

最終的にどこで購入するのがお得なのか

ってところになるわけですが、それぞれに

ポイントがありますのでまとめてみました。

 

【ネット通販がおススメな理由】

 

我が家の場合、下調べで必ず実機をチェック

するんです、そうです、量販店で。

 

田中さんに色々と説明を聞いて、ネットで

調べた価格より安く売ってもらえるのか?

なんかをご相談します。

 

量販店、担当者によって値引きは変わる

ので、お世話になっている田中さんに

余りの無理は頼めない、だからこそ、

スパッとお値段で決めちゃいます。

(田中さんも我が家の仕組み知ってます)

 

1. 量販店より安く買える

 

商品は同じなので、後は人件費などの

経費がかかっているかどうかだけです。

 

担当者によってはがんばって、価格.com

にあるような値段にチャレンジしてくれる

人もいますが、最安値が量販店ででることは

あまり聞きません。

 

2. 交渉などのわずらわしさがなく早く届く

 

これもネット通販の強みですね。

量販店で商品を見ていると、色々と声を

かけられて気分よく買い物できないってこと

ありませんか?

 

私もそうなんですが、初めて会った店員さん

から勧められても正直、本当におススメ

なのか・・・。

 

そういうわずらわしさがないですし、在庫が

揃っているのか、配送がいつなのかが

パッと分かる点が大きなメリットです。

 

Amazonでなければ楽天でチェックするって

結構皆やってますよね。

 

【量販店がおススメな理由】

 

田中さんの存在があっても、その時と

商品、値段次第で購入方法は変えています。

 

ただ、今回のように量販店ではしっかりした

店員さん、担当者さんに会えると、納得

いくまで詳しい説明を聞くことができます。

 

1. 詳しい説明と実機が見れる

 

対面式で購入する場合に一番大きい

ポイントが安心感。

 

実機を見て、触って、カラーもチェック。

そこで詳細の説明を受けることができれば

納得して買えちゃいますから。

 

しかも配送料が無料で設置までしてくれるので

ありがたいですよね。

 

2. 量販店の保証を付けられる

 

商品メーカーの1年保証に上乗せで

量販店の延長保証を付ける選択肢が

あります。

(少額の場合は付けられない場合あり)

 

家電製品は金額に応じて保証年数が

変わりますが、無料延長保証は

一般的に、3年、5年、10年になっています。

 

冷蔵庫や洗濯機、エアコンや大型TVは

リサイクル費用がかかるので、こういう

大きな家電は量販店のメリットが大きく

なります。

 

我が家のおススメ量販店はヤマダ電機です。 

店舗同様、YAMADAモールもよく利用します。

 

 

まとめ!

 

加湿機能は必要でない時期もある。

だから加湿器、空気清浄機を別々に

使い分けたいってこともありです。

 

 

【メーカーの選び方ポイント!】

 

1. ウイルス、花粉を弱体化させる

  ⇒ シャープ、パナソニック

 

2. ウイルス、花粉を弱体化&分解させる

  ⇒ ダイキン

 

【お得な買い方ポイント!】

 

1. スピードと安値をとるなら

  ⇒ネットで購入

 

2. 実機に触れ延長保証なら

  ⇒量販店で購入

 *保証は金額によって付けられない

 場合があるので注意が必要!

 

【無駄を減らすには・・・】

 

我が家では、何かを買うなら必ず

買い替えをするようにしてお財布

エコを実施しているんです。

 

家電買取なら【リサイクルネット】

利用する手もあります。

無駄なく希望の機種に乗り換えしましょ!

 

ではでは!