【あなたという個人】”口コミ”に左右されるジブンについて考えてみた

f:id:life-sketching:20181007161310j:plain

何かものを買う時、外食する時・・・なんでも

まずは”口コミ”ランキングをチェックして

しまうってことはありませんか。ほとんどは

満足しているけど、ふと考えてみたジブン。

 

これだけ情報が溢れて、なんでもランキング化

されていると、それ自体が価値観になって

しまっているような気がしているこの頃。

 

そんなこと言い始めたら、ネット上での

生活できないじゃん!という自分もいるの

ですが、たまには立ち止まって考えて

みようかと思ったわけです。

 

自分って・・・何なのか?

 

 

 

誕生日プレゼントで分かる”ジブン”

 

少し前に誕生日を迎えました。

もうアラウンド50にもなると、プレゼントも

少なくなるもので・・・・涙。

 

職場の同僚からプレゼントをいただいたん

です。本当にありがたい、その気持ち。

 

「ありがとう・・・!」

 

ふと、思ったのは、プレゼントでもらった

モノが自分の好みとは少し違っていたこと。

 

いえいえ、これはクレームではなくて、

「あ、そんな感じで皆は私を見て

いるんだね・・・」というシンプルな

感情です。

 

同僚なので、友達ほど”素”の私を

知っているわけもなく、また全てを

話しているわけではないので、当然と

いえば当然。

 

ただ、私自身が思っていた自分像とは

少し違っていたことに少し驚いたんです。

 

口コミランキング上位の人気アイテム

 

これが欲しかったとかいう話ではなく、

皆は一生懸命相談して、私が喜び

そうなものを”人気ランキング”の上位から

選んでくれたわけです。

 

あえて、そのアイテム商品名はここでは

伏せさせてください・・・汗

 

口コミの人気ランキング上位アイテムなら

ほとんどの人が喜ぶはずなんです、

理屈から言えば。

 

だって売れているわけですから!

 

そこで「私って変わっているのかな?」と

いう疑問になった。

 

つまり・・・人気のアイテムなのに

あれ?という気持ち。

 

”口コミ”情報に左右されているジブン

 

気持ちのこもったプレゼントなので、

しっかり大切に使わせていただいて

いるのですが、そのアイテムを見るたびに

「私ってこういう感じなのか・・・」と

いう疑問にぶち当たるんです。

 

そこでふと立ち止まって、日々のジブンの

行動を振り返ってみると・・・・

確かに何かものを購入しようとすると、

”口コミ”ランキングをチェックしている

ことに気が付く。

 

そこには”ジブン”の好みは薄まり、

何が人気で、それを選ぶことで満足度が

あがるであろうと想像しているジブンが

いるわけです。

 

これだけ「個」の時代とか言われて

いながら、見たこともない誰か、

「皆」の意見に左右されて生きている。

 

口コミが価値観を支配する?

 

ちょっと毎日を振り返ってみても

人気のあるアイテムを持っていると

「あ!それ!それ!どこで買ったの?」

話題の中心になるのは確か。

 

特に私は新しい物好きなので、気になる

んですよね、ニューフェイスが。

 

流行り物を追いかけているわけでもないし、

そんなに敏感なタイプではないけど、

やっぱり大多数が良い!というものは

気にもなるし、信頼してしまう・・・

そういう「集団心理」的なことありませんか?

 

それに口コミで多くの人が高評価を

つけていたりすると、もう信じ込んで

しまって同じアイテムを持てば、

同じ結果が得られるんじゃないかと

考えてしまう。

 

 

皆が良いといっているものは良い、そうでない

ものは、それなりなのか・・・。

 

じゃ、「皆」って一体どんな人なの?って。

その口コミが信頼できるの?って

聞かれれば答えもない・・・・。

 

 たまにはランキングを見ない生活を目指す!

 

f:id:life-sketching:20181007170328j:plain

 

見も知らない人の行列に並んでいるみたい・・・

 

連休なのにこんなたわいもないことを

考えている私は結構、「変わり種」かも

しれないな~と思いつつ、ランキングに

捉われすぎない毎日を送ることも

考えてみたい。

 

私が良いと思うから、友達や周りに

おススメしたい。ランキング外

だけど・・・。

 

20代、30代では気づかなかったこと、

それは・・・・

 

その時々に流行りや人気ランキングは

変わっていくもので、結局は、ジブンに

あったものを長く使っているということ。

 

古くても新しくてもジブンにあったものに

囲まれて生活していくことの方が、心地よい。

 

新しい物好きの私がこんなことを考える

ようになったなんて、口にしたくないけど、

そんなお年頃になったのね・・・・涙

 

【安室奈美恵さん】ありがとう!

これからの人生を満喫してくださいね!

ご紹介した安室奈美恵さんのインタビューにも

あったのですが、「ジブンらしさ」。

 

学校も仕事も生活も、人の物差しだけで

ランキングされたものに埋もれてしまうより、

”ジブンらしさ”を考えて毎日を送るよう

心がけてみたいなと思うこの頃です。

 

 

 

ではでは!