【イチロー選手】引退でなくて「ユニークな選択」です!

f:id:life-sketching:20180504203034j:plain

 

 速報です!イチロー選手のこれから

 

速報で飛び込んできたイチロー選手の進退。

正直、かなりびっくりしました。

 

天才 イチロー選手は会長特別補佐になる!

 

日本人としてメジャーリーグへの道を切り開いた

のは、野茂英雄さん。ドジャースのユニホームが

ばっちり似合っていたし、トルネード投法が

かっこよかった!

(私、当時かなりのファンでした)

 

そして、日本人選手の優秀さを広めてくれたのが

イチロー選手だと思うんです。

そんなイチロー選手も44歳。

 

50歳まで現役で!という彼の目標までまだ少し

あります。今日は、ジャニーズのニュースより

私にとっての大きなニュース。

イチロー選手について書いてみたいと思います。

 

 

スポンサー リンク

 


 

「野球の研究者でいたい・・・」

 

イチロー選手はとてもユニークな存在です。

他の日本人選手とは違う、何か特別な人です。

 

メジャーに挑戦した時は、正直あまり好感を

持てなかった。

 

でもメジャーに行ってからの彼の活躍だけでなく、

発言そのものに「この人、凄い」って思える

ようになって好きになったのが本当のところ。

 

www.life-sketching.com

 

私は野球ファンではないので、イチローファンか?

と聞かれれば違う気がします。

 

でもイチロー選手の発する言葉、行動については

ファンかもしれない。

 

シアトル・マリナーズはそんなイチロー選手に

特別なシートを用意したんですね。

そんな球団からの提案を彼は受け入れた。

 

選手としてプレーはしないけど、練習を続ける、

チームに同行しサポートする・・・

つまりユニホームは脱がない。

 

選手としての功績や彼の努力する姿勢や

野球のテクニック、考え方など多くを持っている

人だから。彼だからこそ。

 

彼の野球への探求心は計り知れないくらい

続いているわけです。もっと野球を知りたいと

いうシンプルな気持ち。年齢と体、これから先。

 

こんなにシンプルな気持ちを、ずっと持ち続け

られるだろうか・・・

 

イチロー選手の考え方が凄すぎる

① 筋肉の育て方

 

以前、イチロー選手を特集するTV番組を

見た時に思った。「この人、凄い」

 

番組のナレーターが、何故イチロー選手が

体の大きな、パワーのあるメジャーで活躍

できるのかを質問したところ・・・

 

「メジャー選手のほとんどが筋肉を鍛えて

いる。大きく固い筋肉を作り体が大きい。

だけど、固い筋肉は柔軟性に欠ける。

僕の筋肉は大きさこそ彼らほどないけど、

とても柔らかくて柔軟なんです。だから、

怪我をしません」って。

 

本当に研究者だ!

 

 

打者が打った打球が、外野のフェンス近くに

飛んだ時、イチロー選手が飛び上がっている

ポーズを見ればよく分かる。

 

体が柔らかい・・・

 

確かに彼が打ち立てた記録は、試合に出る

出場数がなければできないこと。

 

多くの試合に怪我をせずに出続けるからこそ、

記録に手が届く。コツコツと毎試合。

 

② 打者としてバットを語る

 

当時、ヤンキースに在籍していた松井秀喜選手と

出ていた番組で、バットの太さについて話が

およんだ時・・・

 

松井選手が「イチローさんのバットはとても

細いんですよね~」と話すと、イチロー選手は

「バットの太さなんて関係ないって。ボールを

打つ瞬間は1点で接するわけだから、真芯で

捉えさえすれば太さは関係ないから」って。

 

うわ~っ!凄すぎ!

 

私も感動!イチロー語録は名言集!

 

 名言って世界中にたくさんあるけど、本当に

その域まで行った人、その経験を重ねた人が

口にするからこそ、感動したり、尊敬の念が

生まれるものですよね。

 

イチロー選手は、野球を通して色々なことを

考えて、黙ってコツコツと努力をしてきた人。

そしてそれを結果で見せた人です。

 

彼の言葉は人生で教訓として使えます。

たくさんあるイチロー語録ですが、私が

よく思い出す、日常で使っているものを

ちょっとご紹介。

 

私の好きな語録集!

 

① 大きな壁にぶつかったら

 

壁というのは、できる人にしかやってこない。

超えられる可能性がある人にしかやってこない。

だから、壁がある時はチャンスだと思っている。

 

② 一生懸命やっても報われない時

 

努力せずに何かできるようになる人のことを

「天才」というのなら、僕はそうじゃない。

 

努力した結果、何かができるようになる人の

ことを「天才」というのなら、僕はそうだと思う。

 

人が僕のことを、努力もせずに打てるんだと

思うなら、それは間違いです。

 

③ 無駄なことだなと感じた時

 

キャンプでいろいろと試すことは、ムダでは

ありません。

 

ムダなことを考えて、ムダなことをしないと、

伸びません。

 

④ 毎日に疲れた時

 

特別なことをするために

特別なことをするのではない、

特別なことをするために

普段どおりの当たり前のことをする。

 

⑤ 決断が必要な時

 

自分が全く予想しない球が来たときに

どう対応するか。それが大事です。

 

試合では打ちたい球は来ない。好きな球を

待っていたのでは終わってしまいます。

 

⑥ 選ぶ道に迷った時

 

今自分がやっていることが好きであるかどうか。

それさえあれば自分を磨こうとするし、

常に前に進もうとする自分がいるはず。

 

⑦ 一歩を踏み出すのが怖い時

 

夢を掴むことというのは一気には出来ません。

小さなことを積み重ねることでいつの日か

信じられないような力を出せるようになって

いきます。

 

⑧ 自分を貫く勇気が欲しい時

 

妥協は沢山してきた。

自分に負けたこともいっぱいあります。

ただ、野球に関してはそれがない。

 

イチロー選手のこだわり

 

これもTVの特番で見たんですが、

イチロー選手は、メジャーに行ってから

ずっと朝ご飯は、奥様の手作りカレーライス。

 

ちょっと人間らしくて楽しい・・・

 

超が付くくらいの選手なのに、意外にも

カレーライスって。

それも毎朝。

 

カレーライスから、たくさんの名プレーが

生み出されたなんて、ちょっと面白いです。

 

ガッツリお肉食べて、バリバリ野菜食べてって

感じで思っていたけど・・・笑

 

野球以外、食にもこだわりを感じる選手。

日本が誇る名選手、日本に帰らず、

アメリカで生涯契約を選んだ野球研究者。

 

これからも彼の動向を見守り、応援したいと

思います。

 

頑張れ!イチロー!