【餃子の羽根はいらない!】美味しいおススメは「餃子の王将」だけじゃない!

f:id:life-sketching:20180811174156j:plain

暑い夏にピッタリ!食欲をアップしてくれる餃子。

パリっとした焼き方や羽根の作り方など、美味しく

味わう餃子について書いてみたいと思います!

 

冷たく冷えたビールに、最高のおつまみ。

お中元で頂いたビールのお供にど~ぞ。

 

パリパリっとした皮と中からジュわーっとあふれる

肉タネの旨味。

 

そうなんです、ずっとずっと思っていたけど、あえて

口には出さなかったこと。「餃子の羽根」について。

 

サクサクッと「餃子」の文字をググってみると

でるわ、でるわ・・・検索の結果。

 

餃子のレシピ、餃子の具材などなど、色々なページが

いっぱりあるんですよね。そこで気になったこと!

 

 

 

餃子の羽根って必要ですか?

 

お店によって羽根付き、羽無しと色々です。

あなたはどちらが好きですか?

 

餃子は餃子!って言われてしまえばそれまでですが、

我が家はもっぱら”羽根付き”で、友達の家は”羽根無し”。

今年の猛暑にこんな話題ってどう・・・・?(汗)

 

そもそもこの餃子の羽根って何かと言うと、小麦粉を

といた水分が焼けて餃子にくっついたもの。

 

この羽根がついているのが好きっていう人と、付いて

なくても餃子自体が美味しければ必要なしっていう

人に分かれる。

 

羽根があることでパリパリの食感を味わうことが

できるわけです。これ、我が家の論理。

 

羽根無し派の友達曰く、「餃子は皮のもっちり感と

タネの旨味を味わうので、別に羽根はいらな~い」って。

好みは十人十色ってことですか・・・。

私の父が買って帰ってきた餃子は、羽根無しが

多かった気がします。つまり・・・少し前までは

今ほど定番でなかった。

 

むしろ、ちょっとおこげっぽい扱いを受けていて、

羽根がない方が見栄えも良かった気がする。

 

いつから定番化したのか不明ですが、パリパリッと

した食感が好き!っていう人は絶対かも。

 

羽根を調べたら、作り方の違いが分かった!

 

パリパリ食感大好き!これがなくっちゃ派

 

指し水に使う水分は、熱湯(小麦粉を溶いたもの)を

いれるので、それが焼けて羽根付きになります。

小麦粉なしの熱湯なら羽根無しに。

 

パリパリを存分に楽しむなら、小麦粉がおススメ。

ちょっとだけ片栗粉を混ぜてもオーケーです!

 

もっちりモチモチ大好き!タネと皮を楽しむ派

 

もっちり感を楽しむには、友達曰く、

片栗粉を溶いた熱湯を入れるのが一番。

 

小麦粉に比べてもっちり感がアップ。

ただし、水分をしっかり飛ばすように焼き上げ

しないとべちゃり気味になるのでご注意を!

 

くっつかないのは当たり前!パリっと焼く方法はこれ!

 

お店で食べるとあんなにパリパリッと感があるのに、

どうしてか自宅で焼くとべちょっとなってしまうのか。

 

各ご家庭ごとに焼きの方法は色々とありますが、

ここでの気になるポイントは、フライパンに

くっつかない!これは当たり前!


そして口に入れる時のパリっと感があるかどうか。

美味しさを言うなら、やっぱり味だけでなく食感も大切。


特に餃子は、外のパリっと感と中のジューシー感の

コントラストが旨い!ってメニューなので、ここは

失敗したくない。

 

我が家の餃子をお店のパリっと餃子に変身させる!

 

ちょっとした焼き方を知るだけで、お店のような

パリパリ感を実現できます!

 

餃子を作る!となると意外と手間かかります。

具材を作って、一つ一つ皮で包んで焼く。

 

せっかく一生懸命作ったのに、最終焼き段階で、

べちょってしまったりすると気分へこみます。

 

パリパリっと感のある焼き方コツは3つ!

 

お店のようなパリパリ感を出すのは意外と

手軽にできます。

 

お店のような火力がないとか、IHだから・・・とか

心配いりません。

 

この3つのコツをマスターするだけで、失敗知らずで

焼きあがります!母から教わった焼き方で今まで

一度も失敗無しです!

 

ここだけです、この3つをこだわるだけ!

 

【餃子の焼き方3つのコツ】


油の量


途中で加える水分


最後の仕上げ方

 

焼き方をいちから!パリパリに美味しく焼いてみよう!

 

① 油の量

●大切なのは油の量です。

●底から1㎝ちょっとくらいに油をひきます。

 

これが重要なんです、少なすぎると焦げ付くし、

多すぎるとべちゃつきます。

 

フライパンの底にまんべんなく油の敷き布団を引く感じ。

この油の量のおかげで、皮が破れるのを防ぐことが可能!

 

油をひいたフライパンを火にかけてから30秒くらいは

我慢、我慢。

 

30秒経ってから、餃子を置いていきます。お隣さんと

くっつかない程度に離して並べます。

 

餃子のネタに含まれている水分が皮からじわ~っと

出てくる時に、この水分をパッと飛ばしてくれる役目が

熱々状態の油です。

 

だから油が少ないと上手く焼きあがらないわけです。

 

② 途中でくわえる水分は絶対にお湯!

●加える水分は熱いお湯です。(小麦粉を溶いてある)

●フライパンの温度を下げないことが重要!

 

餃子を約1分くらい焼いていると、表面の皮の色が

変わってきます。

 

このタイミング!

 

できれば熱湯が理想です。熱いお湯を全体にまわし

かけて蓋をします。

 

熱湯をかけることでフライパンの温度をさげることなく、

5分程度、蒸し焼きにする。

 

べチャッとしてしまう大きな原因は、水を入れることで

フライパンの温度を下げてしまっている可能性ありです。

 

ほったらかしじゃダメなんです!

 

できれば1分おきくらいに、フライパンを優しく

ゆすってみる。フライパンの上で餃子がするするっと

動いているかどうかを確かめる。

 

こうすることで焦げ付きをなくすことができます。

 

③ 仕上げが肝心!ここではごま油!

●仕上げはごま油です。

●香ばしさアップさせる。

 

5分程度蒸し焼きにしたら蓋をとって仕上げ油の

投入です。ここでごま油の登場!

香りづけにもなるし、カリっと香ばしさもアップします。

 

焼き途中でフライパンをゆすっているので、焦げ付きは

無い状態です。皮を破いてしまわないように

上手くお皿に返してのせるだけ!

 

できあがり!カリカリパリパリの餃子完成!

 

 

転勤族の友人に超喜ばれた「餃子の王将」!

 

餃子といっても都道府県によって様々な餃子が

あります!嬉しい限り!

 

家庭餃子も美味しいけど、時々お店の餃子を

味わいたくて、車を走らせることも。

 

関西で餃子と言えば、必ず一番に出てくる

餃子の王将。一度食べると結構忘れられない

味になるみたい(友達論)。

 

餃子の王将の店舗では、定番の餃子だけでなく、

女性や子供に人気のニンニク抜き餃子まで

あります。

 

おつまみ?夜食?簡単に美味しい餃子を贈れます!

 

蓬莱の豚まんと同じく、転勤で数年間関西に

住んでいた友達一家は、関西を離れると

「あ~、久しぶりに王将の餃子食べたい!」と

強い欲求に悩まされるそうで・・・。

 

そんな彼らの強い気持ちに応えるべく!

はい、通販でポチっと。

 

美味しい!おススメの餃子はこれ!

 

① 関西の定番 餃子の王将

 

そうなんです、アマゾンで買えちゃうんです、

大阪王将 肉餃子 50個入 たれ×6袋付が簡単に!

 

4人家族なので、これくらいあれば大丈夫かな~と

いうサイズをチョイス。

ちょっと冷蔵庫のスペースを気にしましたが、

きっと、いや、間違いなく一気に完食してくれる。

 

来ました!連絡が!

「いや~!懐かしい味だったよ~。やっぱり

餃子はこれが一番好きだわ~」って超喜んで

くれました。(笑顔)

 

50個はどうかと迷いましたが、4人の胃袋に

一気に消えていったそうです・・・笑

 

そんなお返しにと、我が家で超お気に入りの

Olivado(オリバード) アボカドオイル

エキストラバージン 250mlを送ってくれました。

 

はい、アマゾン返し~!

 

このアボカドオイルはとてもあっさりしていて

サラダにも使います。おススメですよ!

 

 ② 冷凍食品売り場の定番!味の物の冷凍餃子

 

誰もがしっている味の素のギョーザです!

 

これは本当に便利で美味しいです。

いざ、何もない!って時でもフライパンさえあれば、

パリパリ餃子がすぐ食卓に。

 

何といっても、水も油もいらなくて、ちゃんと

パリパリに焼けるこの商品が凄い!

 

ちゃんと研究開発されている証拠です!

 

味付けも丁度よくて、むしろ餃子のタレを

必要としないレベル。

 

よくできてます・・・・

 

③ リンガーハットの餃子

 

知ってますか?長崎ちゃんぽん食べずに

餃子注文したら怒られますか?

 

リンガーハットの餃子はちょっとこぶり。

だからパクパクっと食べられる上に、

ニンニク無しでも超美味しいです!

 

我が家では必ず注文定番品!しかも安い!

超おススメ餃子です。

 

まだまだ残暑も厳しいし、冷えたビール

だけじゃなくて、ワインでも焼酎でも

パリっと焼けた餃子をお供にどうでしょうか。