はじめて眼科に行ったら・・・無くして分かる有り難味。

f:id:life-sketching:20171001182842j:plain

  

眼科に行って、色々と考えたこと

 

本当に幸運だったんだと実感しました。

 

実は少し前から視界にぼやけた部分があって、ち

ょっと気になっていたんですよ。

 

まあ、もともと視力が悪いので目の疲れを感じたり、

ゴロゴロしたり、ジュワ~っとなったりするときは

あったんですが、一部分だけぼやけるなんて・・・。

 

正直、ちょっと怖くなったんですよ、はじめて。

 

で、重い腰をあげて初めての眼科受診してきました。

目の検査っていえば、「右!左!上!」みたいな

検査しか経験がなくて、何をされるのかしら?っと

子供のように待合でソワソワ。

 

ご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、目の検査する時って

瞳孔が開くようにする目薬をさされるんですよ。

 

目薬してから約15分ほどで、

視界がぼやけ始めました。そうなんです、

瞳孔が開いたままになるので、焦点が

あわなくなるんですね。

 

「どうぞ~」と呼ばれて診察室に入ると、眼球に光をあてるための

機材にあごをのせて固定されました。

 

いや~!眩しいのってこんなに辛い

 

ものなんですね。あらゆる方向から開いたままで閉じない

瞳孔の眼球にむかってライトあてまくりですよ。眩しくて痛みを感じるくらい。

 

「ちょ、ちょっと一旦閉じていいですか?」って言っちゃいました。

涙は出てくるし、眩しいしでかなり辛かった。そんな状態でも先生は、

「はい、目を動かしてください。上見て~、斜め上見て~、横見て~」って。

 

無理ですよ~!

 

なんとか乗り越えてライトは終わったんですが、

その後先生から大きな眼球の断面図を見せられて

説明を受けるんですが、さっきの光が目に焼き付いてしまって、

視界全体が真っ白!

 

見えるわけない~!

 

先生は一生懸命、図を見せながら説明をしてくださったのですが、

 

全く見えてませんから!真っ白ですから!

 

説明の話だけで納得したんです。診察終わって、会計カウンターに行ったのは

いいけど、カウンターって、そうです!とてもライトが多い場所なんですよ。

 

またまた真っ白!もうハッキリいってかなり変な人です、私。

 

いっぱい会計待ちの人がいる前で両手で両目をふさいで、指の間から

こっそり覗き見る感じで会計係の人と話をするしかない。不思議な顔されました。

 

病院から出たら、これまた、天気の良い日で、真っ白!

 

駅まですぐとはいえ、2~3分の距離を歩くのが辛い!真っ白で何も見えない!

横断歩道が1つあったんですが、信号なんて見れたもんじゃないですし。

 

そんな時「ピヨピヨ」って、そうです、あの青信号渡ってもいいですよって

音がなりますよね。その音に助けられて、青信号を渡ることができたんです。

 

ありがとう、信号機の音さん!

 

目は加齢からくる不具合で問題はなかったものの、改善することもないらしく、

ただただ、慣れていくだけみたいです・・(歳とって良いことないわ!)

 

今回、本当に良い経験をしました。ほんの少しでも目の不自由な方の気持ちが

分かるような気がしました。ユニバーサルデザインとか本当に大切。

 

こんな殺伐とした世の中でも、自分のとなりや近くにいる人にもっと、

気を留める(=優しい気持ちを持つ)ってことをこれから実践したいと

思いました。