私の大好きなデヴィッド・フィンチャー監督作品!

f:id:life-sketching:20171103093805j:plain

  

鳥肌がたつ!映像の神様です!

 

物心ついた頃から、父の映画好きの影響で子供の

私には意味も分からないまま洋画をみるようになったんです。

とにかく洋画を見せられた・・・。

 

父の十八番は、「ゴッドファーザー」

 

そんな父が毎年「これは見なさい」っておススメしていたのが、

「ベン・ハー」です。

 

キリスト教の映画ではあるけど、人間の色々な感情や

欲や愚かさなんかが描かれていて、全部は理解できなかったわりに、

涙してみたのを覚えています。

 

これはこの映画の一番のクライマックスシーンですね。

もっと他にも感動的なシーンがいっぱいです。

 


ベン・ハー~四頭馬車レースシーン

 

今の時代なら、子供は見ちゃダメってシーンもあるかもしれません。

でも、私は見せてくれてありがとう!って心から思っています。

 

さてさて、そんな私が大人になってからずっと好きな監督が、

 

はい、デヴィッド・フィンチャー監督です!

 

もともと、マドンナなど有名なアーティストのミュージックビデオを作って

いた人なんで、音楽のセンスもいいな~って思ってます。

 

ブラピの「ファイト・クラブ」や「セブン」で有名な監督さんです。

ちょっと彼の作品をご紹介させてください!

 

  • エイリアン3
  • セブン
  • ファイトクラブ
  • パニック・ルーム
  • ゾディアック
  • ベンジャミン・バトンの数奇な人生
  • ソーシャル・ネットワーク
  • ドラゴンタトゥーの女
  • ゴーン・ガール

 

こんな感じです。もちろん、全部見てます。

 

いつも感じるのは、フィンチャー監督作品って映像全体に

色味があるんです。

 

よく感じるのは「ブルー」かな。

あとは、「薄いブラウン」かな。

 

明るい画像じゃなくて、どちらかといえば暗い画像。

それが彼の意図なのかどうかは不明ですが、私にはとても

印象に残っていて、それが癖になっているって

いうのか見たくなるんです。

 

音楽の選曲も素敵だなっていつも思って見ているんですが

「ドラゴンタトゥーの女」の

オープニング(CG)なんて、超キモ~カッコイイです!

 


The Girl With The Dragon Tattoo - Opening Title Sequence

 

私も聞いてびっくりしたんです!

「Led Zeppelin」の”immigrant song”だったんですよ~!

フィンチャー監督は音楽も大好きなんでしょうね。

 

どの作品も好きですが、やっぱり「ドラゴンタトゥーの女」が

一番お気に入りです。

 

主人公のリスべスの個性とカッコよさ、デジモン天才なところ、

バイクもカッコよく乗りこなして・・・でも人付き合いは

下手ってところが。

 

 

この作品を見る前に、スウェーデンのオリジナル版「ミレニアム」を

見ていてかなり面白かったんですよね。

 

だからアメリカで映画になるってときは、ちょっと

びっくりしました。だって、結構衝撃的なシーンが多いから。

 

フィンチャー監督ってかなりこだわりの強い人かなって想像してます。

映像もそうですけど、結構細部にこだわる人。

 

これからも彼の作品を楽しみにしているんですけど、

作品のニュースがないので待ってる状態です。

 

フィンチャー監督、作品待ってます!

 

この週末を利用して、また作品みよっと。

 

 

 

 

スポンサー リンク