【おススメ図書】この本読んで人生100年を考えないとまずくない?

f:id:life-sketching:20190217111215j:plain

これは!本当に大きな変化が目の前にやって

きている!と思えます。最近、色々な本を

手に取るようになって、インプット生活

していますが、これはおススメ!という

一冊をサクッとご紹介します。

 

 

人生100年時代と言われている昨今。私も

折り返し地点が近づいてきました(汗)

 

以前からブログを拝見している、超有名

ブロガーであるちきりんさん。

 

ブログだけでなく、生き方や考え方を

色々と教えてもらえる書籍がたくさんあります。

今日は、そんな中でも一押しの一冊を

ご紹介します!

 

 

 

人生100年をちゃんと考えて今日を過ごす

 

最近、この先10年くらいの社会の変化を

題材にした本がたくさんありますよね。

 

書店で手に取ってみるものの、専門的

すぎて興味がわかなかったり、最後まで

読み続けられるか・・・と思ったり。

 

書店の目立つ場所に置かれている

ベストセラー

「LIFE SHIFT(ライフ・シフト)

―100年時代の人生戦略」 はご存知ですか?

 

人の平均寿命が延びたことで、人生が100年

時代に突入したことによって起こる、身近な

変化に対応できるよう、その未来図を、

教育、仕事、引退という3つの段階で解説

してくれている書です。

 

人によっては少し入りにくいかもしれませんが、

本当にリアルな変化を想像できます。

 

他人ごとでなく、毎日の自分の生活に

落とし込んでちゃんと考えるタイミング

きています。

 

ちきりんさんの書、目からうろこでした!

 

何が「目からうろこ」なのか。

 

それは、ちきりんさんが今の日本に

しっかり落とし込んで書かれているので、

本当に数年先の未来予想図が見えたから。

 

マーケット感覚を身につけよう---

「これから何が売れるのか?」わかる人になる5つの方法

(ちきりん著)

 

この本を絶対におススメしたい理由は・・・

 

・一気読みできるほど読みやすい

・例えがあって分かりやすい

・日本に焦点を当てていて想像しやすい

 

そうなんです、今現在は仕事をして

いなくても、ちゃんと世の中の動きは

追っておかないとヤバいって思わされます。

 

他人ごとでなくて、大黒柱のご主人の

働き方が変われば、もちろん一家の

生活環境も変わる。

 

生活環境が変われば、子供を産む環境も

子供の教育環境も変わらざるを得なくなるし、

再就職を考えている女性の働き方や場所も

少なからず影響を受けます。

 

ひと昔前なら、転勤は数年のこと、

だから単身赴任してもらってなんて

いっていましたが、そんな当たり前の

状況が様変わりするかもです。

 

こういった変化を知っておくことと

知らずに受け入れるだけとは

大きな差がでるだろうな。

 

この10年の変化はかなり大きい!

 

私の生活を見回しても、少なからず

変化の兆しはあるもんです。

 

・TVを見ずに動画をみている

・スマホが財布化している

・ネット通販利用が圧倒的に増えた

・職場のシステム化が進んだ  etc

 

まあ、まだ小さいとはいえ、着実に

変わってきているし、何より私が

ブログを始めている・・・(汗)

 

前の記事でもいくつかご紹介していたように

今後はキャッシュレス化が進む、銀行が

更に弱くなる、移動手段が自動化する、

物流が自動化するなど、ニュースで

流れているのは一部で、実はもっと先まで

構想が進んでいるって。

 

ガッツリ会社で働いている、いないに

関係なく、個人がちゃんと情報を収集して

考えておく癖をつけないとまずい!

 

退職後も働く必要があるってこと

 

社会生活をしている期間だけじゃない。

 

先日も年金受給についてニュースが

流れていたけど、年金って本当に

受給できるの?って疑問です。

 

受給できる年齢が上がれば上がるほど、

企業を退職した後、受給できるまでの

期間どうやって生計をたてるのか?って

ことになりますから。

 

「貯蓄あるから・・・」という恵まれた

ご家庭であったとしても、数年なら想像できる。

 

でももっとその先10年近くを貯蓄を食いつぶすだけで

今の生活レベルを保てるかは分からない

わけですから。(あ、これ一般的な

貯蓄の場合です・・・汗)

 

医療が進めば更に寿命が長くなって、

人生が伸びるなら、できるだけ元気で

楽しく過ごしたいって気持ちも出てくる。

 

定年退職後の人生が、同じくらいの

長さであるかもしれないって話です。

 

そうなると、もう一度仕事をする

機会が出てきます。少しであっても

収入を得る。

 

もしかしたら、新しいやりがいを

探すってこともありだし。

 

この本に出合えたことを感謝して

今日からちゃんと考えていかなきゃ!

と本気で考えている今日でした。

 

ではでは!