iPhoneをウイルスから守ること

f:id:life-sketching:20180113203632j:plain

 

iPhoneもウイルス対策は必要なのか・・・?

 

iPhoneを使っている人はとても多くいます。私の周り

でもかなりの友達や同僚が使っていて、アプリの話や

アップデート、設定関連は皆で一緒に学んでいる感が

あるんです。

 

誰一人としてiPhoneのセキュリティの話をしないのですが、

そもそもiPhoneってセキュリティ対策必要ないの?という

引っ掛かりがあるんです。皆さんは対策されていますか?

 

iPhoneのセキュリティ

 

数年前、電気屋さんで「iPhoneのセキュリティソフトって

あるんですか?」と質問をしたことがあるんですが、

回答は「必要ないと思います。製品もありません」って。

 

え~!なんで~!教えて~!(心の声)

 

あっけなくその場を去った店員さんを呼び止める勇気が

なくて、心の声を押し殺して後姿を見送りました。

で、今回は自分で色々と調べてみることに・・・。

 

iPhoneはもともと完成度の高いウイルス対策済

そうなんです。ウイルス対策ソフトを入れる必要が

ないくらい対策を施されているそうです。

 

iPhoneはウイルス感染しない!何故?

1. ウイルスに会わない仕組み

2. ウイルスに感染しても無効化する仕組み

 

この2つがiPhoneの凄いところなんですって。

 

「ウイルスに会わない仕組み」ってどういうことか・・・。

つまりApp Storeを経由してアプリをダウンロードするから。

この一言につきるらしいです。

 

App Storeにはしっかりと審査・管理されたアプリしかないからです。

ここでほとんどややこしいものはアウト!ってことで。

だからアプリ経由の感染がないんです。

 

凄い管理力です!(笑顔)

 

 

もう一つ、「ウイルスに感染しても無効化する仕組み」って?

それはアプリの活動をiPhone自体が制限しているから、どんな

アプリであってもシステムや他のアプリにアクセスできない

ような仕組みに作られているそうです。

 

先日iPhoneの不具合で修理に行った際、修理カウンターの方

にも言われました。iPhoneのデータは誰にも簡単に取り出しが

できない仕組み(情報の暗号化)になっているそうです。

 

だから!持ち主本人でも故障するとデータ出せない!(恐!)

 

確かに、本当に随分前です。Windows95とかそのあたりの頃、

私は会社の都合でWindowsNTというものを使っていました。

自宅でも仕事ができるようにと、同じNTを使用していたのですが、

 

な、なんと!ウイルスに感染!

 

メール経由だったと思います。もう、ONした途端に

勝手にメーラーが立ち上がって、

 

送るわ、送るわ、勝手にメールを!

 

びっくりして頭が真っ白、迷惑を回避するために、

コンセントからコードをブチっと!抜きました。

 

もちろん、コードをコンセントに挿すことは二度と

できません・・・メールを送信し始めるから・・・(号泣)

そうです、そのパソコンはお陀仏です・・・(叫び)

 

NTは少し高かったんですよ!仕事のためとはいえ、

あまりに無知すぎました。こんな経験をした私は

これをきっかけにapple派に転向しました。

 

じゃ、iPhoneにはセキュリティ対策は必要ないのか?

この質問の答えは、「対策をする方が良い」ということです。

しっかり対策を施された製品であることは間違いないんですが、

iPhoneがセキュリティ商品ではないということ。

 

そりゃそうです、スマホですから・・・

 

つまりサイトを閲覧している時は、いくらiPhoneでも

ややこしい広告などをブロックすることはできませんから。

ちょっと手が触れてしまったりして、広告サイトに

飛んでしまいってこともあるだろうし、偽サイト

個人情報を入力してしまうこともあります。

 

こういう場合、セキュリティブラウザを使うことで

しっかりと守ってくれるらしいのです。

このアプリはとても人気があるんです。ビジネス系の

方でも利用者が多いとか。

Kaspersky Safe Browser

Kaspersky Safe Browser

  • Kaspersky Lab UK Limited
  • ユーティリティ
  • 無料

 

本当に自己防衛しないと、どんな落とし穴に落ちるか・・・。

 

 

iPhoneをウイルスから守るための対策

これだけの色々な対策が施されたiPhoneでさえ、2015年に

ウイルスに感染したiPhoneが見つかっています。

アプリを勝手にインストールしたり、safariの設定を

変えてしまったり・・・。

 

どんなにApp Storeが対策をしていても”抜け道”は見つけられる

ようないたちごっこ。そこでiPhoneを使っている私たちも

ちゃんと対策をする意識が大切かな。

 

1. アプリのダウンロードは必ず「App Store」から!

 

ネット検索したりしている時に、アプリのインストールを

求めてきたら、一旦は、インストールをしないよう

警戒してみるべきとのこと。

もし間違えてインストールしても起動させなければよし!

 

2. アプリを無条件で信用しすぎない!

 

App Storeからダウンロードしたとしても、100%信用しすぎ

ないことが大切とか。できればダウンロード前にアプリの

開発をしている企業の規模とかユーザーのコメントを

チェックして、慎重に選ぶのが大切です。

大手の開発会社のアプリなどを選ぶのも一つの方法だそう。

 

3. iPhoneのアップデートは実行する!

 

これもかなり重要だそうで、しっかりと定期的なアップ

デートを行っておくことで感染を防げるそうです。

特に注意が必要なのは、中古のiPhoneを購入&使用

されている方は、「サポート期間」が切れている

ことがあるようで、そのためアップデートができない

という場合が・・・。

 

 

ちなみに、apple派になってからはウイルス被害に

あったことはありません。

 しっかりとセキュリティ対策をして、ブログを楽しみ

たいな~と思っています。