気になりますよ、女ですもの!

40代の働く主婦が日常で見つけた”発見”を気ままに綴っています。目指せ!うま味のある人生!

台風の季節です!気を付けて!

f:id:life-sketching:20171021201658j:plain

 

日本は台風国です!対策立てておく必要あり!

 

台風がやってきます!大型台風で925hPaもあるんですよ!

本当に日本は台風国です・・・・。

 

大陸横断しながら、たくさんの爪痕を残していきます。

毎回、大したことがないから大丈夫だろう・・・って

思ってしまいますが、ニュースで被害を見ると、

たまたま無事だったんだなって思い知らされます。

 

台風を甘く見て、懲りた話

 

以前、台風で大変な思いをしたことがあります。

といっても、家が大きな被害を受けたわけではないので、

大したことではないと言えば、そうです・・・(チーン)

 

大きな台風が来ていることを知ってはいても仕事があれば、

休むわけにもいかず、いつも通り出勤していました。

 

朝から雨風がひどく、「あら!今回はちょっと

やばいんじゃないのかな」って思いながら通常勤務。

 

お昼のランチ時に見たTVの映像では、相当な雨と風が

写しだされていて、それが職場付近に近い地域だったので、

びっくり!

 

窓際に走って様子を見にいったんですが、

意外とビルの谷間って見た目で分かりにくくて。

 

ランチ終わって席に戻ると上司から、「今日は午後の業務を切り上げて

台風に備えて早めに帰宅してください」って。こんなこと初めて。

 

個々に業務を終えた人から帰りはじめたんです。

もちろん、私も急いで「この処理だけやっておこう」って

急いでました。その時間、約10分。

 

同僚と一緒に帰ろうとしてビルの1Fにいったら、

先に帰ったはずの人達が集まっていたんです。

「どうしたの~?」って聞いたら、「ちょっと

帰るの遅かったみたい・・・電車止まってるって!」って。

 

え~!!!!そ、そんな~!

 

そりゃないでしょ!じゃ、もっと早くに帰して欲しかったわ!

どんどん雨風がきつくなってくるし、もう思い切って外に出たんですよ、

傘をさして・・・。

 

ボキッ!!

 

はい、ご想像の通り傘の柄は折れて、よくニュースで見る光景です。

ザーザー降りの雨に打たれ、風に吹かれて、びしょびしょ!

とにもかくにも駅まで猛ダッシュ!

駅について構内に入ろうとすると、人が一杯で入れたものじゃなくて・・・

 

濡れて寒いし、もうなんとかして!

 

そんな時にパッと閃いた!もうずぶ濡れ状態だから、このまま歩いて

連絡している他の線の駅まで行こう!と思って地下鉄の駅まで行くと

平常どおり運行していたんです。「助かった!!!!!」

 

地下鉄は余程でないと止まらないってことがよく分かりました。

うちの路線はというと、一部の線路が土砂くずれのため、復旧の目途が

たっていないとか・・・。

 

「土砂くずれって、そんな場所あったっけ?」

 

後で分かったことですが、うちの路線は川を渡る部分があるんです。

そこの線路下部分の盛り土が崩れて線路だけ浮いた状態って

ことが「土砂崩れ」。そりゃ復旧に時間かかるわ・・。

 

もう腹をくくって、帰らない(帰れない)ことにしました。

ビジネスホテル周りをしたんですけど、当たり前のごとく、

どこも満室。びしょ濡れでどんどん寒くなってくるし、

お腹は空いてくるし。

 

以前に何度か利用したことがあったビジネスホテルを

最後に訪ねました。「もう満室で部屋ないですよね?」

「はい、大変申し訳ございません。満室です。」

 

もうどこかの飲食店で夜を明かすしかないな・・・

 

そう思っていると、「大丈夫でしょうか?」と聞かれたので、

路線が運休で復旧の目途が立たず帰れない事やずぶ濡れで

困っていることを話しました。

 

「少々お待ちください」といって後ろのオフィスへ。

数分後、出てきて「マネージャーと相談しました。1室だけ空きがあります。」

 

え~!!!あるんですか!

 

「本日は1室のみしか空きがありませんが、1室ございます。

最上階のスイートルームが空いてございますが、

ご利用になられませんか?」と。

 

はい、とてもありがたいですが、さすがにスイートルームを

一人で利用するほどお金もありませんし・・・。

 

と色々と頭の中で考えてしまい、「とても親切に

ありがとうございます。ただ、特別なお部屋だと

思いますのでどなたかが使われることがあるかもしれません。

それに私にはそんな予算は持ち合わせていませんので・・・」とお話すると、

 

笑顔のフロントさん「はい、こんな大変な時に我がホテルを

思い出して、わざわざお越しくださったんです。

こちらとしてできることは致します。

 

本日のスイートはご利用の予定がございません。

もしよろしければ、通常のお部屋の

料金で結構ですので、ご利用になられませんか?」

 

え~~~~~!!!!!通常料金って!

 

 「ありがとう!本当にありがとう!」

もう心の中から叫びそうになりました。

 

こんな迷惑をかけないためにも、

ちゃんと自分で準備していないと

いけないなってつくづく思いました。

 

 

備えあれば憂いなし・・・・

 

この言葉を教訓に台風に備えます・・・。