気になりますよ、女ですもの!

40代の働く主婦が日常で見つけた”発見”を気ままに綴っています。目指せ!うま味のある人生!

格安SIMの比較についてちょっと勉強してみました!

f:id:life-sketching:20170922100609j:plain

格安simをちゃんとわかってから購入しないと!

 

この間、一旦「見送り~!」っていっていたものの、またまた格安スマホに

乗り換えた友人からメッセージがきたことで、私の記憶の奥に追いやろうと

していた「格安スマホ」知りたい!熱が再燃しはじめました。

 

ということで、ちょっと勉強してみました。聞きたくても聞けないわ~って

思っている方がいれば一緒にどうぞ~!なので、今日はちょっと長いです・・・。

 

私の知りたい事!!!

 

 

【それ自体の仕組み編】

 

Q.格安SIMとか格安スマホって一体なんなのか?

 

NTTドコモ、ソフトバンク、AUといった大手キャリアの回線の一部を

借りてサービスを提供しているMVNO(仮想移動体通信事業会社)がそれを

販売しているってことらしいです。

 

だから大手キャリアよりサービスの品質や通信速度はやや劣る。

とはいえ、どんどん進化して繋がりやすくなっているのに、

価格は安いってところが魅力!

 

 

【料金編】

 

Q.格安スマホに乗り換えるとどれくらい安くなるのか?

 

仕組みとしては、MVNOは大手キャリアから回線の一部をレンタルしている

わけなので、電波の基地局の開設費用やら運用コストがそれほどかからない、

サポート窓口も小規模ってことでかかるコストが少ない分、料金が安く

できるってわけです。(私の心の声:納得!)

 

じゃ、どれくらい安いのか?これはもう、現在契約しているプランや

オプションにもよるので、はっきりとした金額をご紹介しくにいのですが、

 

一番大きな違いは、「データプラン」部分です。

 

機種本体代もかなり安くなるので、ある調査アンケートでは

●月々約3,000円くらい安くなった・・・3割

●月々4,000円安くなった・・・4割

●月々4,000円以上安くなった・・・3割

月々ではこれくらいが多いみたいですね。

 

とはいえ、月々を年間にすれば・・・、

家族で考えれば・・・結構な節約になります!

(心の声:びっくり!やっぱ安いわ!)

 

皆が乗り換えてるからって自分にも合っているのか、正直分からないですよね?

私も意外と慎重なとこあるので、ササっとは移る気がしない。

 

【MVNO会社編】

 

Q.どんな会社があるの?

 

「なんだ~?」って最初は思っていた人も、最近ではTVコマーシャルで

見ているので、これが会社かって知ってるかな。有名どころばかりです!

 

●DMMモバイル

●UQモバイル

●Y!モバイル

●mineo(マイネオ)

 

などなど、まだほかにもありますよ。

 

【乗り換えタイプ編】

 

Q.格安SIMを使うのに向いてる人、いない人は?

 

ここがミソなんですよね。結局、動画配信とかもそうだし。自分の生活基準や

スタイルに合ってるのかってとこがポイント。

 

★合ってる人

 

●とにもかくにも、毎月のスマホ代節約優先!

●スマホメーカーにこだわりゼロ 

●自宅にインターネット回線があって、ネット手続きができる

●近くにMVNO店舗や窓口がある

こんな方にはおススメですって。

 

★合ってない人

 

●音声通話を長時間使用する

●キャリメールをメイン使いしている(ドコモメールとかAUメールとか)

●スマホと自宅のネット回線がセット割引契約をしている

●窓口で相談を受けたい

●有名メーカーの最新スマホ(本体)が使いたい

 

【アプリ関連編】

 

Q.アプリやサービスは同じように使える?

 

これって結構考えますよね。だって、LINEで友達ともつながってるし、

アプリも色々と生活の中で利用してません?だから乗り換えたとたんに、

ぜ~んぶ使えないってなると、それだけでストレス爆発!

 

基本、格安SIM、格安スマホに変えてもアプリには影響がないです。

ただ、キャリアへの通信が必要なサービスは利用できなくなります。

 

例えば、キャリアメール、キャリア決済(おサイフけーたいなど)が

絡むものはダメ。LINEやFacebookやYoutubeなどは問題なく使えるそうです。

 

【系統があるって?編】

 

Q.回線によって系統があるってどういうこと?

 

だんだん深みに入って頭がごちゃごちゃしてきてませんか?(心の声:私も!)

要は回線を一部借りてるので、どこの回線が親かってことらしいです。

 

だから、「ドコモ系」と「AU系」があるわけです。主流としてはやっぱり

「ドコモ系」らしく、そのため各MVNO会社の選択肢も豊富です。

(心の声:うちはAUだからね~)

 

【電話番号編】

 

Q.電話番号はそのまま使えるの?

 

はい、これも素人の私でも一番気になったとこです。結果はオーケーです。

MNP(モバイルナンバーポータビリティ)に対応しているので、今の番号の

まま乗り換えができる。(心の声:よかった~!)

 

【災害対策編】

 

Q.災害時のサービスはどうなの?

 

これも結構、うちでは重要なポイントなんです!せっかくスマホ持ってても、

いざという時に情報が手に入らないのは痛手。家族との連絡も取り合わないと

不安だしね。

 

基本、MVNOには大手キャリアのような「災害用伝言版」サービスは用意

されていないみたいです。だから災害時に使えるようなサービスを自分で

探して対応しておく必要ありですね。

 

緊急地震速報については、MVNOへの一斉送信されるので、スマホ本体が

この速報に対応している機種かどうかを確認しておかないといけません。

 

ふっ~!今日はこんなところで。

 

本当に素人が手取り足取りで必死に書籍を紐解いてまとめた感がでてますが、

また次回にもう少し踏み込んで「たった一人の勉強会」したいと思います。

お疲れさまでした~!