気になりますよ、女ですもの!

40代の働く主婦が日常で見つけた”発見”を気ままに綴っています。目指せ!うま味のある人生!

あなたのアイデンティティは何ですか?

f:id:life-sketching:20171115171930j:plain

 

自分らしさとその存在と・・・

 

数年前にアメリカの友達から突然投げかけられた質問、

「あなたのアイデンティティって何だと思う?」

 

正直、そんな質問されることあまりなかったんですよね。

日本で暮らしていても友達同士でそんな話題になったことって無いし。

 

突然聞かれても~

 

突然の質問に言葉を失ってしまって、頭に浮かんだのは

「日本人」であることが一番かなって答えました。

 

 同じ質問でも、置かれている場所やシチュエーションに

よっても変わります。

 

それにたった一つしかアイデンティティがないって人はいないと・・・・。

 

例えば、日本人、母親、女、娘、自由人・・・とか

同じ人でもその時々によって、自己を表すアイデンティティは

違うと思ってます。

 

日本を離れていると私にとっての一番はやはり

「日本人」なんですよね。

 

日本で暮らしていると、「女」という言葉になります・・・・

しっくりくるかな。

 

暮らしの中で「女」であることを良くも悪くも感じる

機会が多いからでしょうか。また家族の中にいると、

 

私は「自由気まま人」かな・・・(すみません・・汗)

 

「アイデンティティ」とは、2つの意味があるとか

 

一つは、「帰属意識」で、自分がある集団に所属しているという意識。

もう一つは、「独自の性質」で、この世に一つしかないという意味。

 

私の友達は、アイリッシュ系、ラテン系、イタリア系、北欧系なんですが、

彼らの中にはハッキリとしたアイデンティティがあるんですよね。

 

アイリッシュ系の彼女は、やっぱりアイルランド出身で、敬虔なクリスチャンで

あることが大きな意味を持つみたいです。その彼女の旦那さんは、カリフォルニア

生まれの育ちだから、カリフォルニアンであることが大切みたい。

 

意外と日本人であることを 誇りに思えるのは、日本を離れて日本人以外と

一緒にいる時がそうです。

 

言葉も文化も長い歴史があって、美的感覚とかもかなり誇り。

 

日本独特の感覚やしきたり・・・いっぱいあって言い切れ

ませんが、そんなところが生まれて育っている間に身について

いることが誇りです。

 

2020年の東京オリンピックに向けて、どんどん国際化も

進んでいきそうだし、もっともっと海外からの移住者も

増えそうな気配。

 

日本という国に住む、私たち日本人自身がもっと日本のことを知って、

理解していくことが必要になってきそうですね。

 

 あなたの国の良いところはどんなところ?

なんて質問を投げかけられたら真っ白になりそう・・・。

 

この国に生まれ育ったことを感謝しつつ、日本人らしく生きる努力を

していきたいと思うこの頃です・・・。